2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
奇才、トリヤー
そういえばドッグヴィル見ました。前から気になっていた映画でした。ダンサーインザダークを撮ったトリヤー監督、そしてオスカーをとった二コール・キッドマン主演の作品です。
b0053195_0371380.jpg・・・ここ何年かで見た映画の中では最大の問題作でしたね。まさに奇才トリヤーと呼ばれるだけのことはあります。アメリカの小さな町”ドッグヴィル”に住む人々の心の変化、閉ざされた空間で生きてきたことによる心の弱さや闇が、プロローグから9章だてで鮮やかに、それでいて怖いくらいに描かれてました。
なんといってもこの映画の最大の特徴は、そのセットです。町の建物や道路は、地面に白い線を引いただけで表現されているのです。俳優達はそこにがあるかのように振る舞わなくてはいけない。その一方で映像を見る人にとっては、壁は見えない。なんとも不可思議なこの状況が、独特の表現となっていて・・・
ちょっと説明は難しいですね。いい映画ではないかもしれないですけど、確実にこの映像は革命的です。いやあ、いい体験ができました。
[PR]
# by to-_go | 2004-10-31 16:41 | MOVIE
Top