2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
シーズンオフ 07/08 (2)
遅ればせながら、高原ようこそ。
自分の中では、梅崎、エジミウソンの二人と、高原では感想はやや異なります。なんか、高原の場合は「プロの傭兵を雇った」というか、そんな印象なんです。でも、しばらくしたら馴染んでくるんだろうな。

さて、アレックスの正式発表はまだですが、大体選手の入れ替えは終わったようです。

今季の布陣ですが、オジェックの真意は分かりかねますが、3-5-2の継続、または4-3-3へのトライになりそうです。特に今回の補強によって変化した選手層のバランスを考えると4-3-3なんではないか、と思ったりします。まず大まかにポジション別で見ていきます。

まずセンターバック(2or3)を考えるとトゥーリオと坪井、堀之内、近藤、(細貝、阿部)となります。(阿部がボランチになるという意味で)長谷部とネネが抜けたことで、ここがかなりスリム化というか、悪く言えば層が薄くなりました。でもそれは3バックを継続するとしたら、の話です。4バックで2センターなら問題はない。近藤に期待したいです。

サイドバック(2)は個人的には平川-山田なんですが、まあアレックスが左に入ってくるでしょう。相馬は4バックだと厳しいかもしれません。山田がミッドフィールドに回れば当然平川が右に。場合によっては阿部や細貝が回ってくる可能性もあります。

ミッドフィールド(3)は阿部-啓太-ポンテがベスト。ポンテ不在の時は山田や小野、梅崎が入るでしょう。後ろの控えは細貝。もし細貝が今年急成長してくれれば、阿部または細貝がバックに回るかもしれません。

フォワード(2or3)は高原、エジミウソン、達也、永井、梅崎、セルヒオから。客観的に考えて、2トップの場合は高原にエジミウソン、次点で達也、という感じでしょうか。エジミウソンのプレーを90分間しっかり見たことがないので分からない部分も多いんですが、実績がありますしね。高原は得点以外の部分も含めて抜けてるでしょう。永井は消えてる時間を減らさないと厳しいかもしれません。
一方、3トップだと大分様相は変わり、この余剰戦力を生かせます。センターは高原、またはエジミウソン。ウイングはエジミウソン、達也、梅崎、永井で2つのポジションを争います。ポンテ不在の序盤は梅崎がミッドフィールドに回りそうですから、達也と永井にもレギュラーのチャンスが出てきます。

こうして考えると、3バックと4バックの違いというのは、ベースとなる10のポジションに加えて、後ろにプラス1(堀之内、細貝、近藤)するのか、前にプラス1(達也、梅崎、永井)するのか、というもはや価値観の選択になります。去年のオジェックならば前者、すなわち3バックの継続を選択しそうですが、選手層のバランスと「より攻撃的に」というオジェックの言葉からは後者の4-3-3が予想されます。この予想(妄想)、どうでしょうか。

小野の立場やトゥーリオの夏移籍、ポンテのコンディション等、布陣に影響を与える要素もあります。何とか若手にも台頭してもらいたいですが、現実的には厳しいです。3バックならば細貝と近藤に大きなチャンスが、4バックならばセルヒオに出場の可能性が少し生まれます。うーん。
[PR]
by to-_go | 2008-01-13 18:25 | FOOTBALL
Top