2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
結論は、よく分からない
ここ2週間、ニュース、ブログ、JMM等で中東情勢に関する情報とか考え方を結構見てきたんですが、ちょっとここらへんで自分用に一度整理しとこうかと思います。(混乱した文章なので、読む価値ないですよ。リンク先はかなり読む価値ありますがね。

まずは、自分の見てきた情報の整理、視点の確認。事態はあまりに複雑なので、それぞれの考えとか報道の元を辿っておく。

・日本のテレビ-民放は深くは関わらずといった感じ、情報的にはイスラエル側の情報規制を通した海外メディアの情報をさらに通した?そういう情報を淡々と。NHKは独自でやってるようだから、少しは純粋な情報?ひとまず、全体的に大雨の被害の方が比較にならないほど大きく取り上げられてきた。
・CNN.jp等アメリカ系ニュースサイト-特にイスラエル寄りとは感じない。ひとまず、ここで情勢はチェック。(CNN.jp)

・ブログ-自分の見たブログの多くはイギリス在住の人のものが多かった。イギリスでは首相はアメリカ、イスラエル寄りだけど、世論は反イスラエル、という背景がある。もちろん、日本も似た立場なんだけど、イギリスの方はかなりヒートアップしているようで議論がある。(主なものとしては小林恭子の英国メディア・ウオッチ脳内ラテン革命地政学を英国で学ぶ、その他)

・JMM、田中宇さんのコラム-専門家の見方。20年とか長いインターバルで見て、情勢の解説。鵜呑みにしちゃいけないだろうけど、とても参考になる。(JMM田中宇の国際ニュース解説)

まだ中東のメディア(アルジャジーラの英語サイト等)は見れてないから十分じゃないけど、今のところ、そこそこの数の視点で網を張れてる気がします。
どこかで(田中宇さんとこかな)書いてあったんですけど、「客観的事実らしきものは存在している。けどその捉え方は国や環境、立場によって大きく変わってくる」わけで、たくさんの視点でこういう複雑な事象は見なきゃいけない、特に自分のような無知な人にとっては。
今回の戦争も、イスラエル側で見るか、ヒズボラ側で見るか、レバノン市民側で見るか(ここで見るべきか)で捉え方は大きく大きく変わる。

今のところ、
イスラエルもヒズボラも止まるつもりはない、国際的には「停戦」という形でひとまず6月までの状態に戻したい、しかしその「停戦」と言う言葉には国際世論の満足感が集約されていてその場しのぎに過ぎない、アメリカは一気にヒズボラとその背後にいる国をイスラエルの勢いを借りて叩きたい、この流れの中でアメリカとイスラエルの国際的な孤立化が一気に進んでいる?アメリカのパワーは相当に弱ってきている?

(日本の立場で考えてみると、このイスラエルの攻撃は小泉さんの中東訪問中に始まったし、なんだか虚しさを感じる。日本人が興味を持つのはシリアやイランが絡んで、ガソリン価格が倍になってからなんでしょうか?
なんだか、日本って国は国内のことと北朝鮮のことしか考えていない、いや、そう仕向けられてるのか。何もしなかったら外のことは分からないというのが、日本という環境でしょうか。だから、アンテナは主体的に常に張っておかないといけないのかも。)

話を中東に戻すと、今の段階での自分の考えの立場を決めるにあたっては、JMMの『レバノン:揺れるモザイク社会』第22回の最後、「4月合意」を先に破ったのはイスラエルだ、っていうのがシンプルな考えに映った。もちろんヒズボラが正当化されるわけない。けども、って話で。

ひとまず、今の情報収集は続行しつつ、アルジャジーラもチェックしておこう。

(Google earthでレバノン南部の町の衛星写真を見た。おそらく去年のものだけど、きれいだった。)
[PR]
by to-_go | 2006-07-29 18:10 | ALL-ROUND
AWAY雑感
7/22 In 川崎

試合開始2時間前から、ぎゅうぎゅうの満員電車状態。やや危険な香りが漂う。「トイレ行きたい人は帰ってきた時にはもう場所はありませんよ、だから動かないでください」という状態。自分の位置はBOYSのすぐ横。

18:20くらいからコール始まったんですが、このコールが終わった頃には汗の量がすごくなってました。将来(試合中)への不安を感じる。蒸し暑い
しかし、この試合のスタンドの気合の入り方は半端じゃなかったですね、完全に一体となったスタンドの気合が選手に乗り移った感じでした。小野とか、何でそんな走れるの?って感じで、だったら新潟でも走っとけよ、なんて思ったり思わなかったり。得点の時はモッシュで人が飛んでた。

後半ラスト15分くらいはほとんど試合見れてません、いやあ、疲れた。もし昼間試合してたら、倒れる人続出だったろうなあ。試合中かけられる水がせめてもの救いでした。結論としては、(夏場の)等々力はヤバイということでしょ。いやあ、疲れた。フットサルしてて良かった。

それにしても、この日の角田さんの呼びかけは良かったなあ。
まあ、重要なのは次の大分を確実に倒して、この勝ちを生かせるかどうかですね。

7/19 In 新潟

新潟は結構涼しいんじゃないか?と予想してる人も多かったんですが、まさかの快晴、直射日光ということで、待ちの時は埋め立てられてる木の作り出す僅かな影スペースにシートを張って読書。

平日夜新潟という条件付ゲームだったんですが、みんなここぞとばかりに有休や出張を入れたのかガッツリ来た。新潟の方もいつものようにたくさん来て結局は38000超、素晴らしい。

試合の方は、選手もスタンドもやや低調(特に前半)でしたね。個人的には、大旗の後ろ3列目で、目の前をしなった棒がビュンビュンかすっていくのが怖くて、慣れるまでちょっと時間を要しました。
いつもの悪いレッズのように「前半眠って、ラスト15分間くらいは反撃したものの、追いつくまでは至らない」というパターンでした。

この日印象的だったのは、スタジアムDJが楽しげにムーンライトながらの運休を発表したこととか。
[PR]
by to-_go | 2006-07-25 13:15 | GAME/TRIP
柏レイソル-横浜FC
そういえば、土曜日に柏の葉に行きました。J2天王山、柏レイソル対横浜FCです。

行く前は、J屈指の劣悪(アクセスも見やすさも)スタジアムと聞いていたので、どうかな?と思ってたんですが、つくばエクスプレスなら駅から徒歩15分、そしてなんといっても10738人という大入り、試合のほうも白熱した内容ということで、終わってみれば悪くない印象さえ持てました。

試合展開としては、持つレイソルに対して、粘り強い守りからの速攻の横浜FCという構図で、戦前の予想通りの展開で、互いに持ち味を出してたと思います。
どちらかというと、レイソルは持たされ過ぎていて、横浜の鋭い攻撃がより際立っていたという感じでしょうか。個人的には、横浜の方はすごい良い内容で、のらりくらりと勝点を積み重ねてきて何だかその強さは懐疑的だったんですが、ついに中身も伴ったかと思いました。(実際、この次の試合で鳥栖を1-0できっちり倒してるわけで。)

レイソルが札幌にコロッと負けてるところを見ると、この試合の勝者は逆に横浜だったんじゃないかって思いますね。神戸、札幌が追いかけ、仙台も黙っちゃいないってことで、なんか今年のJ2はおもしろそうですねえ。
まあ、来週からはJ2に注目してる時間は確実に減りますが。
[PR]
by to-_go | 2006-07-13 19:07 | GAME/TRIP
W杯FINAL雑感
(39)イタリア-フランス

このような幕引きでしたか。試合の背景にある様々な要素と対照させて色々考えちゃいますね。ジダンのラストダンスならぬ、イタリアのラストダンス?といった感じでしょうか。

まずはイタリア。大会前はカルチョ・スキャンダルがどのように大会に影響を及ぼすのか予想もつきませんでしたが、結局は大会とこのスキャンダルは切り離せない関係にありました。その象徴としての決勝では、マルダのダイブに始まり、ジダンの頭突き、スタジアムを覆うブーイング等々、技術的なレベルの高さよりもそういう暗い部分が目立ちましたし、グランドに立ったブッフォン、カンナバーロ、ザンブロッタ、ピルロ、ペロッタ(元ユーヴェ)、ガットゥーゾ、カモラネージ、トニ、デルピエロ、テュラム、アンリ(元ユーヴェ)、ジダン(元ユーヴェ)、トレゼゲは該当4クラブ所属、またはOBでした。もちろんリッピもね。

そうそう、この試合の主役マテラッツィは"潔癖"のインテル所属、そして大会を通じてブレークして、この日も最後のPKを叩き込んだグロッソも次シーズンからはインテル(←パレルモ)の選手というのが、なんとも皮肉がきいてますねえ。

次にジダン。驚きました。ジダンといえば華麗なプレー、そして頭突きになりました。でも、それでいいじゃないですか。8年前のW杯の再現を目指したところ、違うものを再現しちゃった。
しかし、あの頭突きはマテラッツィの胸にかなり深く刺さってましたよね、痛そうだった。
頭突きするならフィーゴみたいに目立たないように、どさくさにまぎれてコンパクトに当てないとね。

フランス。おじさん達がんばりましたよ。最後は泥臭く、汚くカップを取りにいきましたけど、執念を感じました。最後の最後に口を閉じたリベリが見れたし。
トレゼゲ。ユーロ2000の再現ということで、最後の最後まで進んで、やっぱり最後はこの男が絡んできました。結果は逆だったけどね。
最後にカモラネージ。断髪式は新しいイタリアサッカーの幕開けを予感させてくれました。

今大会のMVPは、個人的にはグロッソ、いやカンナバーロかなあ。
[PR]
by to-_go | 2006-07-10 14:07 | FOOTBALL
Top