2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
リンク
溜め込まれた村上龍のメルマガ(JMM)を読んでたわけです。
中東の話だけには全くついていけませんね。一応、大学ではイスラームやらオスマントルコの話は少しかじれたので、理解するための土壌はあるはずなんですが・・・。

そういえば、ちょっと前に読んだ本が「フランスの外交力」山田文比古(著)と「靖国問題」高橋哲哉(著)。(靖国の方は途中で断念したけど、内容が繰り返しで面白くないんだからしょうがない。)

最終的には(在学中に)東アジアの関係についてちょっと理解出来ればいいかな、と思って卒論やフットサルの傍ら、色々見ているんです。なんでフランスかって言えば、比較的知ることの多いドイツの隣国として、まあ結局は東アジアの問題も"隣国"っていうのがテーマですから、リンク出来る点も多いだろうということです。
一つ一つの知識は乏しくても、リンクさせて考えることで理解も早まる・高まるはず。

で、ちょっと前のJMMにて気になった話が、

「中国政府はA級戦犯の合祀についてだけ言っている。B・C級戦犯については言及していない。つまりは中国政府にとっては歴史問題ではなく外交の1カードとして見てるのだ」

という論調の話。

そうそう、話は変わってチェルシーの監督モウリ-ニョの話です。
彼はビッグマウスだったり、公式のインタビューで思い切り誰かを批判したり、そういうことを常にやっている人なんですけど、批評家の間には、モウリーニョが「わざとそう演じている」っていう説があるんです。自分もそう思ってるんですが。

つまりは、メディア自身、そしてそのメディアを通じて情報を得る一般の人々は"モウリーニョ監督のヒステリックな言動"に注目する、そして踊らされます。もちろん、そういう状況下でモウリーニョは多大な批判を一手に受ける。

そして、これこそがモウリーニョの狙いというわけです。注目を自分に集めておいて「実際に試合をする」選手達への注目・批判をやわらげて、のびのびとプレーさせる・・・

で、話はリンクしたわけです。そう、中国政府は「歴史問題」という、否が応でも注目を集める話を持ち出して、人々の注目を1箇所に向けさせる。
この効果は絶大で、日本のメディアでさえ、「中国人は歴史問題ばかり文句を言っている」という調子でそこだけに目を向けてしまっている。

日本に対して有利なポジションを取るための、外交カードは1つでも多く持っている方がいい。

結局のところ、みんな「したたか」なんですよ。
[PR]
by to-_go | 2005-11-29 18:39 | ALL-ROUND
目の上のたんこぶ
馳星周金子達仁、昨日フジテレビでこの2人によるどうしようもない番組が放送されていた。

彼らの「サポーター」というものに対する考えは大体次のとおり。(コメントは記憶を元に再現)

① バルセロナのサポーターは自分達のクラブに対する「応援」だけじゃなく、「ブーイング」も行う。それが本当のサポーターのクラブ愛なんだ。
日本(Jリーグ)のサポーターは「応援」するだけ。あれじゃクラブは強くならない。

「浦和とか新潟あたりは結構いいところまで来てるけど、結局応援してるだけでしょ。」

② バルセロナのサポーターはクラブに結果だけじゃなく、内容も求める。「美しく勝つ」ことが大事なんだ。
日本のサポーターは結果が出れば満足している。あれじゃクラブは強くならない。

③ バルセロナのサポーターは老若男女、常にクラブのことだけを考えている。
(日本代表、ガンバのサポーターを引き合いに出して)日本のサポーターは「選手」を応援してる。「ツネ様」「大黒様」って。あれじゃクラブは強くならない。

その他、気になったシーン。

④ バルセロナのサポーターがカンプノウに向かっていく場面での馳星周の、まるで「これこそ本物のサポーター」と言わんばかりのニターッとした顔。

⑤ プジョルを前にした馳星周のコメント「あなたは近年素晴らしく成長して、今や世界の10本の指に入るくらいのDFに・・・」

⑥ 最後のシメ。
「日本のサッカーもこうなっていくことを希望します。というよりなってもらわなきゃ。」
「この前ウルトラスの子に会ったんだけど、その子は代表よりもFC東京の方が大事なんだって。こういう子がいてくれて嬉しいよ。もっと増えてくれたらなあ。」

???

①→ この人は少なくともJリーグを生で見ていない。

②→ スペインでも飛び抜けているバルセロナだから言えること。朝青竜に立ち合いの変化を認めないのと同じこと。クラブが強いとサポーターも強気になるんだよ。そんなことも分かんないのか。

③→ 自分達の国のリーグでさえステレオタイプな姿でしか捉えられないなんて、解説する資格全くない。代表の結果に一喜一憂する角澤の方がよっぽどマトモです。

④→ 何あの金髪。笑ってるよ、怖いよ。

⑤→ で、あんた誰?

⑥→ ふぅ。

まあ、おそらく代表のサッカーだけを見てるようなライト層への「警告」のつもりで番組を作ったんでしょうが、全く逆効果でしょう。
こんなの見てたらますます彼らの欧州偏重、Jリーグ軽視は進みますよ。(というよりバルサ偏重か。)

日本のサッカー文化が成長しない(というか「成長してない」と彼らに思い込まされてるだけだが)原因の1つは、確実にこういう「欧州偏重」の自称サッカーフリークの解説者、コメンテーターの存在。なんだか悲しくなりました。
[PR]
by to-_go | 2005-11-28 14:22 | FOOTBALL
日テレの大博打
12月版のテレビタローを買って、番組を見てたわけです。

そしたら、12月11日19:00~21:00で、ゴールデンで!
アル・アリ対アル・イテハドですよ。

その次の日もシドニーFC対サプリサをゴールデンで!

ちょっと前まで今回のトヨタカップについては馬鹿にしていたんですが、アジアとアフリカの決勝を見る限り、なかなか興味深い大会ではあると感じ始めてたわけです。しかし、日テレがここまで本気とは思ってませんでした。

おそらく本心ではないとは思いますが、結果的にこの放送が、世界のフットボール文化の1シーンを日本の自称サッカーファン達に見せつけることになります。まさにボランティア放送。

はっきりいって、恩恵を受けるのはごく1部のフットボールマニア達か、当該チームのサポーター達。野球のアジア・シリーズ並に「サポのための大会」

視聴率は3%、いや、上戸彩効果カズ効果ジェラード効果でみるみるうちに視聴率は上昇、最終的に決勝は10%行く。

そのエネルギーをヴェルディの守りに当てとけば、ひょっとしたら残留できただろうに。
[PR]
by to-_go | 2005-11-27 15:24 | FOOTBALL
またもや
なんというか、セルヒオと細貝、若手のクセに怖気づいてシュート打たないことにイライラ。これも周りの影響か。岡野は酷かったな、やはり連チャンは無理なんだな。

しかし、謎なのは試合後の拍手。物投げ込むのはダメだが、その反応は根本的におかしいでしょ。

そういえば馬鹿がいましたね・・・

後ろの方から前の方の席に向かってペットボトル投げ込んだ人。
あの急斜面、1人バランス崩したらどうなるか分かってるんでしょうか・・・。まあ、写真とられてたらしいし、もう来ることはないでしょう。
(浦議によればあのペットボトルは1階席に落ちたらしいね。)

しかしフクアリ、ゴール裏2階の急斜面にもビックリでしたけど、荷物検査なし、スタジアム内に自販機があったことにもビックリでした。時代を逆行するスタジアム"フクアリ"。
試合に勝ってたらもっと誉めてたと思うけど。
[PR]
by to-_go | 2005-11-23 20:43 | GAME/TRIP
仮想12月9日~修正版
フットボール・バーリトゥーダーさん(元は2ちゃん)で超おもしろいものが。

で、まるまるもらってきちゃいました。(詳細は↑で)

pot1="ドイツ,ブラジル,スペイン,メキシコ,イングランド,アルゼンチン,イタリア,フランス"
pot2="トーゴ,ガーナ,コートジボワール,アンゴラ,チュニジア,エクアドル,パラグアイ,オーストラリア"
pot3="チェコ,オランダ,ポルトガル,スウェーデン,スイス,クロアチア,ポーランド,ウクライナ"
pot4="アメリカ,コスタリカ,トリニダード・ドバコ,日本,イラン,韓国,サウジアラビア,セルビア・モンテネグロ"
dim ary1,ary2,ary3,ary4
randomize
ary1=split(pot1,",")
ary2=split(pot2,",")
ary4=split(pot4,",")
swapary ary1
swapary ary2
pot3=pot3&","&ary2(7)
ary3=split(pot3,",")
swapary ary3
swapary ary4
for m=0 to 7
msg=msg & ary1(m)&" "&ary2(m)&" "&ary3(m)&" "&ary4(m) & chr(13)
next
msgbox msg
sub swapary(byref ary)
dim tary
tary=ary
uidx=ubound(ary)
tuidx=uidx
for i=0 to uidx
a=int((tuidx - 0 + 1) * rnd + 0)
k=0
for j=0 to uidx
if ary(j)<>"" then k=k+1
if k-1=a then
tary(i)=ary(j)
ary(j)=""
exit for
end if
next
tuidx=tuidx-1
next
ary=tary
end sub


↑をメモ帳に張って"抽選.vbs"って感じで後ろに.vbsつけて保存して、そのファイルを開くと、あら不思議。

ちなみに、何回かやったら
ドイツ、ポルトガル、日本、トーゴって組が出来ました。
日本vsトーゴ、ドイツvsトーゴ、超熱いなあ。

・・・ちなみに修正版ではメキシコ、パラグアイ、スウェ-デン、日本でした。なんともスキのないグループですね。
[PR]
by to-_go | 2005-11-18 13:49 | FOOTBALL
ギャップ
ぼちぼちと研究の追い込み時期が迫ってきていますが、最近はあるギャップについて、その対応を思索中です。

学部の卒業論文ということで、始めからの自分のスタンスとしては「修士へのステップ・基礎固め」としていました。
言い換えれば、出来る限り多くのテーマ(理論やその実践)に触れながら、前から真っ直ぐに進んでいくという形です。

しかし、本来の論文作りというものにおいては、まず導きたい結論があって、そこに達するために必要なパーツを組み合わせたり、組み立てていくという、つまり「後ろからの視点」を持って逆方向に進んでいくという形のはずです。

この2つの進め方には当然どこかでギャップが生じてくるはずで、ちょうど今、最終的には論文という形にまとめなきゃいけないということを考える時期に来て、そのギャップの修正を強いられることになったということです。

まあ、このギャップにはいずれ引っかかるだろうとは予想していたんですが、いざ引っかかってみると、意外と面倒な感じなんですよね。

これも「ビギナーが通らざるを得ない道」と考えれば、どうってこともないんですがね。

で、これに関連するんですが、mixiの卒論のコミュニティとかを見ていると、「~文字書き終わった」とか、「まだ序論なんです」とか書いてる人がいるんです。正直、それがよく分からないんですよね。
論文っていうのはやっぱり構造がシンプルで、論理的じゃないといけないもの。彼らは書きながら考えているんでしょうか。筋道が見えているんでしょうか。だとしたら凄いんですが。

自分はおそらく、①分析結果→②結論→(①②に並行して諸理論)→③つじつまを合う序論、と言う風に書き進めていくんじゃないかな、と思います。書けるところから書く、でしょ。
[PR]
by to-_go | 2005-11-18 03:23 | ALL-ROUND
アフリカ、その後
32カ国決まりましたね。いやあ、オーストラリアおめでたい。来年からは同じアジアですね。

各プレーオフの裏では多くの親善試合が行なわれましたが、アフリカの初出場4カ国には明暗が分かれているようです。

これまでの情報や噂どおり、コートジボアールガーナの実力は相当なもののようです。コートの方はルーマニアに勝って、イタリアとドロー。そのルーマニアは数日後にナイジェリアに3-0で完勝していますし、比較でなんとなく強そうだなと。
ガーナはアジアで再び評価を高めつつあるサウジにアウェイで3-1で快勝。アッピアーとエッシェンしか知らないけど、この2人がいたら中盤強いだろうなー。

で、トーゴアンゴラ。トーゴ、パラグアイに2-4、イランに0-2と連敗です。コンゴ戦以降失点が多いのが気になりますね。守りのチームとして勝ってきたと想像するんですが、なんだか危うい感じ。
アンゴラは昨日の試合といい、予選同グループのナイジェリアのボコされ具合といい、現時点では32カ国で最低ランクの実力のような感じがします。来月の抽選、ぜひともアンゴラかトリニダード・トバゴを引き当てたいところです。

ここまでの様子を見ると、アフリカは5枠→6枠、アジア・オセアニアは5(4.5+0.5)枠→4.5枠、北中米は3.5枠→3枠っていうふうに変えるのが現実的かなと思えてきます。
こうなると、東西アジアで2.5ずつってのが現実的になってきます。
[PR]
by to-_go | 2005-11-17 19:57 | TOGO
大阪
大阪から帰ってきて2日目、ようやくパソコンの前に辿り着きました。

自分はメインの一番アウェイよりで、みんな立って応援しているところでしたが、ギュウギュウ詰めのゴール裏を中心に(メイン端も)まさに鬼気迫る応援でした・・・しかしスタジアムの構造上というか、さいスタやカシマでのような声の大反響がない。響かない。

ガンバサポの歓喜もはるか遠く、「なんか向こうの方で騒いでるな」って感じで、なんだか幻想的な感じでしたね。まあ、それもバスツアーで寝れてないっていうのがあったと思いますが。

試合を思い返してみると、上手く相手に守られた(特に前半)というか、湯浅さん的に言えば、レッズ側の最後の仕掛けコンテンツが少なかったというか、相手ペナルティエリアに迫ってからは横パス、横パス、って味方同士で責任転嫁しているように見えました。

これで今シーズンのリーグ戦ではガンバ・鹿島に2分2敗。これじゃ優勝争いには参加できません。
・・・が、まだ4試合あります。勝っても負けても次がある、それがリーグ。
[PR]
by to-_go | 2005-11-15 12:52 | GAME/TRIP
座頭市
そういえば、一昨日テレビでやってた"座頭市"見ました。

最近は話題の"Takeshi's"の影響もあって、北野武特集を良く見る機会があるんですが、やはりキタノ・ワールドは興味深いですね。

何といっても、彼の映画に対する姿勢がすごい客観的なのがいいですね。もともとの自分のテリトリー(コメディアン)でも、自分の最も興味を持っていた分野(海洋生物学らしいですね)でもない、「映画」という分野をおそらく客観的に(ある程度距離を置いて)捉えていて、それゆえにプレッシャーもあまり感じず、自分のやりたいように存分に創作して楽しめています。

どうやら、この"座頭市"に関してはエンターテイメント大作ということで、「観客」というものを非常に意識した、つまり創作にかなりの制限がかかったようですが、それは自分の本分には合っていないと、そんな感じのことを言っていましたね。

昨日はなんかの対談で、タケチャンマン時代の"居心地の悪さ"について語っていたんですが、その語り口からは、逆に現在の映画監督という立場への"居心地の良さ"が感じ取れるんですよね。
そう考えてみると、もはや彼は映画監督というものには距離を置いていない、自分のいるべき場所はここだと、そう考えているのかもしれないですね。
[PR]
by to-_go | 2005-11-08 21:48 | MOVIE
Top