2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
<   2005年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
今回の騒動について長々と語る
今回の山瀬功治中田浩二の一連の騒動を考えると最悪な気分になります。まあ代理人田邊さんだけを叩くのもどうかと思いますけどね。(HP参照)

中田浩二に関しては、契約保留を続けて鹿島との契約切れまで押し切るというやり方でしたが、いくら中田が海外に行きたいからといって、自分でこんな悪質なやり方は考えないでしょう。結果としてそうなってしまったなんて言われてもファンは納得出来ないですよ。・・・しかし、本当に始めからこれを狙っていたとしたら・・・考えるだけでも恐ろしいです。

この田邊さんとは、かなりの有力選手が契約しています。中澤、稲本、田中達也・・・「この代理人につけば(どうにかして、強引にでも)移籍させてくれる」というイメージが選手間に浸透しているのでは?と考えても不思議じゃないですよね。

・・・とまあ自分も代理人批判をしてしまうのですが、よく考えれば選手自身も批判されるべきですよね。浦議でも誰かが言ってましたが、今回のような移籍によって生じる、ファンの選手への怒りやあつれきは代理人が代わりに受けることになるんです。元はといえば選手のワガママが原因ですから、「選手の意向を最大限尊重する」という代理人の仕事上、そのワガママにも付き合わなくちゃいけないんですよね。まさに汚れ役です。

・・・とすれば、何が原因でこんなことになってしまったのでしょうか?移籍システムの問題ですかね。いや、もっと根本的な問題ですよ。
今回のことへのチェアマンの苦言は反応が遅すぎるし、苦言だけに終わってしまっています。(問題は違いますが川淵さんチケット転売問題への苦言だって遅すぎます。2050年構想なんて言ってる暇はないです。)また、メディアの問題の深刻さへの理解度話にならない(中田浩二の移籍を歓迎してる。)ですし・・・・つまりは選手の移籍を取り巻く環境が遅れ過ぎてるんですよ。
対策をどんどん練ってかないと、今回のやり方で(海外志向持った)代表クラスはみんな海外行っちゃいますよ。
[PR]
by to-_go | 2005-01-27 16:05 | FOOTBALL
バーバーと時計仕掛けのオレンジ
b0053195_23291938.jpgまずは“The man who wasn't there”(The Barber、バーバー)です。コーエン兄弟の代表作の一つです。
・・・このブログ開設後では一番の映画でしたね。個人的にはファーゴよりも好きです。ビリーボブ・ソーントン演じるエドが(しゃべらずに語ることで)絶妙な存在感を発してましたし、エドをはじめとする登場人物たちが、一つのきっかけから複雑かつ悲劇的なストーリーの中に「組み込まれていく」過程はまさにコーエン兄弟の業を感じました。作品全体から感じられる雰囲気統一感に完全に引き込まれましたよ。
DVDのおまけもかなり充実していて満足できましたね。インタビューに46分なんてすごすぎます。


b0053195_23451393.jpg次は時計仕掛けのオレンジです。キューブリックです。見る前の印象とはかなり異なった内容だったので少しびっくりでした。かなり社会的現代的な作品でしたね。非行→更正→更正後なんてかなり今の日本に合ったテーマですよ。全体的にはかなりブラックな印象を受けました。
細部(detail)に気になる点はかなりありましたね。インテリア小物の数々は印象的なもの多数でした。頻繁に出てくるカタカナ言葉は近未来のイギリスで流行っている若者言葉で、ロシア語をモチーフにしたものとのことですが、最初は訳せない言葉なのかと思いました。

コーエン兄弟キューブリックスゴイ!の一言です。
[PR]
by to-_go | 2005-01-27 00:02 | MOVIE
代理人問題
イングランドではこんなことがあったそうです。

大体はこんな話です。
アーセナルFA非公認の代理人と契約してしまったことにより、FAから罰金「2年間の執行猶予付きの、移籍の凍結」がペナルティとして課されました。
アーセナルは罰金については認めましたが、「この代理人との契約では他クラブとの移籍は扱っておらず、アーセナルクラブ内の奨学生の昇格を扱ったものであるから、移籍とは関係がない。」として上記後半のペナルティに関しては反論しています。
2年間の執行猶予付きですから、同じことをもう一度やってしまうと、この凍結令が発令するようです。

その代理人がFIFA公式代理人のパートナーだったことで、アーセナルは、その代理人が不適切な人間であることには気づかなかったとも書かれています。

・・・意外と英語って読めるもんですね。ちょっとエキサイト使いましたが。まあ、間違いは結構あると思います。
2年間というのはなかなか長いですから、ひょっとしたらいずれ発令するかもしれませんね。もし発令したら相当厳しいですよね。
[PR]
by to-_go | 2005-01-25 12:08 | FOOTBALL
フルメタル・ジャケット
b0053195_1905294.jpg今日は授業でフルメタル・ジャケットを見ました。ベトナム戦争について詳しい解説をしてくれる人文比文あたりの授業です。

巨匠スタンリー・キューブリックの作品ということで、教室に1番乗りして前の方の席を確保し、じっくり見ました。
海兵隊訓練では、洗脳することで人間殺人マシンになっていく過程がリアルに描かれていて、かなりの恐怖を感じましたね。

キューブリックつながりということで、そろそろ時計仕掛けのオレンジも見ようかと思います。
[PR]
by to-_go | 2005-01-21 19:16 | MOVIE
山瀬問題を少し考える
今回の山瀬騒動で思い出されるのは2、3年前中村紀洋近鉄とのゴタゴタ。メジャー、メジャーと騒いどいて結局残留。もう中村やめるものだと思ってたから、近鉄に残っても微妙な感じで・・・そのしこりが本人にも影響したのか、その後の成績はさっぱりでしたね。

自分の想像ですが、2人の共通点は「なんとなく(メジャーに、外に)行きたいと言ってしまったこと」だと思います。確固たる決心があれば、それが行動態度に表れると思うんです。
責任がある立場なんだから、言ってから悩むより、悩んでから言ってほしいです。

また、今回気になってることは山瀬本人の考えが分からないことですね。小野伸二はしっかりと自分の姿勢を表明してくれてた気がします。これだけ騒動になってるのだから、コメントの1つくらい出すのがプロスポーツ選手が当然すべきファンへの配慮であり義務であると思うのですが。個人的には、そういう細やかさが欲しいんですよね、プロには。
[PR]
by to-_go | 2005-01-20 19:18 | FOOTBALL
新年、映画あれこれ
年末年始はたくさん映画見ました。クリムゾン・リバー2スパイダーマン2アズカバンの囚人踊る大捜査線2パッションスターシップ・トゥルーパーズ2などなど、続編ばっかりでした。この中での唯一の収穫はクリムゾンのDVDのおまけでついていたメイキングですね。フランス人の映画に対する考え方がよく分かります。
ハリウッドではエンターテイメント性が核になってますが、フランスでは芸術性が核になってるようです。色彩装飾を最重要視してるんでストーリーがおかしくなってしまうんですね。
[PR]
by to-_go | 2005-01-05 22:56 | MOVIE
『国見vs藤枝東』レビュー
今日は駒場に行ってきました。レッドスター赤星、そして国見サッカーを見るためです。観衆は11500人というまずまずの入りでした。

赤星の印象ですが、クラシックな10番タイプといった感じでしょうか。前日の西武台戦もテレビで見ましたが、ひとまず足元でもらう、その後はパスを最優先するといった感じです。前にドリブル行けたのに、味方の上がりを待って強引にパスした場面もあったので、かなりパスにこだわりを持ってるようです。
運動量は少な目、ディフェンスもあんまりって感じなので、今のレッズでは即戦力とはならなそうです。ただ、テクニックはかなりありそうで、今後楽しみなプレーヤーではあります。

国見は、持ち前のフィジカルを生かすための、ロングボール・ハイボール作戦でした。見る側にとっては厳しいサッカーではありますが、負けないためにはしょうがないのかもしれませんね。

新年早々、レッズは山瀬問題に揺れていますが、個人的には残留してもらいたいです。

そういえば、年末の28日に久々にレッドボルテージに行ったのですが、そこにはウメツァこと梅田直哉がいました。サインもらいました。山形に観戦しに行ったことを告げると嬉しそうな反応してくれました。なんとかがんばってもらいたいものです。
[PR]
by to-_go | 2005-01-04 00:21 | GAME/TRIP
Top