2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
カテゴリ:FOOTBALL( 90 )
文化としてのサッカー(1)
先週金曜のEL GOLAZOから始まった企画「フローラン・ダバディのFootball Modern!」はなかなか興味深い内容ですよ。切り口としては、“文化的側面から見たサッカー”といった感じです。

日本のサッカー事情としては、欧州サッカーの人気に加えて、最近のJリーグ人気も見ればサッカーのエンターテイメント的側面は認知されていることが分かりますし、ガウチやアブラモビッチといった固有名詞と共にその経済的な側面も浸透してきているように思えます。ただ、日本人の性質上というか認知されづらいのが、文化としてのサッカーだと思うんです。もちろん、Jリーグ30チームのそれぞれの地域ごとには、独自の文化はかなり出来ていますし、各チームを応援する人達の意識のレベルに関してはヨーロッパや南米の人達ともそんなに遜色はないはずです。

ただ、そういった地域レベルで育まれた文化のさらなる発展を妨げているのがメディア(特にテレビ)をはじめとする取り巻きの環境の悪さでしょう。浦和というサッカー文化圏で育った自分にとっては、テレビでのサッカー(スポーツ)の酷い扱われ方を見ると本当に嫌気が差しますし、悲観的になってしまいます。

基本的に彼らが見ているのは何に関してもヴィジュアルの部分だけなんですよね。レッズを例にとれば、熱狂的な応援風景、トゥーリオの吼える姿、エメルソンのゴール・・・こういうヴィジュアルだけを撮れればいいと思ってるんですよ。スタジアムの南北の応援の意識の違いとか、チケットの転売問題や並び問題などといった内生的な話題を少しでも扱ってくれたことがありますかね?

この前のTBSの浦和-川崎戦を見ましたか?主音声に水沼さんと加藤浩次を置いたんですよ。別に個人個人は嫌いじゃありませんが、あまりにも無知過ぎますよね。サッカーの技術的な知識はあると思いますが、それ以外はゼロです。「応援凄いですからねー。」「ジュニーニョ速いですよー。」とか言われてもただ不愉快なだけです。Jリーグ放送なんて視聴率たかだか5%もいかないコンテンツでしょうし、しっかり放送を見るほとんどの人はサッカーが好きな人達でしょうから、そういう人達にとってはよっぽどの解説者でも物足りないと感じるはずです。今回の実況・解説はただの雑音に感じたんじゃないでしょうか、自分はそうでした。
Jリーグに関しては各チームの地元の放送局による放送を見ると、はるかにサッカーが楽しめます。内容は偏ってて、技術的な知識や知名度は少し欠けているかもしれませんが、そこの文化を肌で知っている人達が伝えるんですから、信頼感が全く違いますし、知らない情報も結構入ってておもしろいんですよね。

日本人が求めているからテレビはこういう表面的な放送をしているんでしょうか?いや、そういう現状をテレビが作り出してしまったんですよ。間違いなく多くの一般人(ここでいう一般人とは、サッカーにほとんど触れたことのない人達)は洗脳されましたよね。サッカーファンを名乗る人は増えましたが、単なるヴィジュアルのファンが増えただけであって本当のサッカーファンはむしろ減ってるんじゃないでしょうか。日本代表の応援の迫力がなくなったのもこれが原因でしょうね。
テレビがスポーツを非常に低俗なものとして扱うことによって、一般人に日本のスポーツは「低俗なものだ」と認識させてしまったんです。ヨーロッパサッカーやメジャーリーグに何となく憧れてしまうのは、ただ単に競技レベルの差だけが原因なんでしょうか?どことなく高級感溢れる実況や解説、スポーツ番組、スタジアムの雰囲気に対して憧れてるんじゃないんですか?なんで高級感を感じるのかというと、ただ相対的にそう感じるだけであって、よく見てみれば別にすごい内容を話しているわけではないと分かるはずです。

正直、日本のメディアについて考えるとキリがありません。(一部のドキュメントでは、非常にいい放送もあることを付け加えときますが。)

今回のライブドアをきっかけにでもして、ちょっと何かが変わってくれればいいなあと思います。
[PR]
by to-_go | 2005-03-22 11:28 | FOOTBALL
アジアとオセアニア⇒東と西
オーストラリアに続き、ニュージーランドまでもがAFC加入を申し出てきたことで、にわかに可能性が見えてきたのが予選地区の再編

もともと、アジア地区4.5枠、オセアニア地区0.5枠だったものを、東アジア・オセアニア地区2.5枠、西アジア地区2.5枠に組み替えるというものです。

そうなると、東は日本、韓国、中国、北朝鮮、オーストラリア、ニュージーランドらが争い、西はイラン、サウジアラビア、バーレーン、ウズベキスタン?、UAE、イラクなどが中心になって争うことになります。

現段階の力関係を考えると東>西でしょうから、個人的にはトルコとカザフスタン西に加わるとおもしろいのかなと思います。まあ、彼らにとってはヨーロッパに属していたい気持ちが強く、こだわりもあるかもしれませんが、アジアサッカーの発展に力を貸すことも考えてもらいたいですね。
[PR]
by to-_go | 2005-03-17 14:21 | FOOTBALL
今回の騒動について長々と語る
今回の山瀬功治中田浩二の一連の騒動を考えると最悪な気分になります。まあ代理人田邊さんだけを叩くのもどうかと思いますけどね。(HP参照)

中田浩二に関しては、契約保留を続けて鹿島との契約切れまで押し切るというやり方でしたが、いくら中田が海外に行きたいからといって、自分でこんな悪質なやり方は考えないでしょう。結果としてそうなってしまったなんて言われてもファンは納得出来ないですよ。・・・しかし、本当に始めからこれを狙っていたとしたら・・・考えるだけでも恐ろしいです。

この田邊さんとは、かなりの有力選手が契約しています。中澤、稲本、田中達也・・・「この代理人につけば(どうにかして、強引にでも)移籍させてくれる」というイメージが選手間に浸透しているのでは?と考えても不思議じゃないですよね。

・・・とまあ自分も代理人批判をしてしまうのですが、よく考えれば選手自身も批判されるべきですよね。浦議でも誰かが言ってましたが、今回のような移籍によって生じる、ファンの選手への怒りやあつれきは代理人が代わりに受けることになるんです。元はといえば選手のワガママが原因ですから、「選手の意向を最大限尊重する」という代理人の仕事上、そのワガママにも付き合わなくちゃいけないんですよね。まさに汚れ役です。

・・・とすれば、何が原因でこんなことになってしまったのでしょうか?移籍システムの問題ですかね。いや、もっと根本的な問題ですよ。
今回のことへのチェアマンの苦言は反応が遅すぎるし、苦言だけに終わってしまっています。(問題は違いますが川淵さんチケット転売問題への苦言だって遅すぎます。2050年構想なんて言ってる暇はないです。)また、メディアの問題の深刻さへの理解度話にならない(中田浩二の移籍を歓迎してる。)ですし・・・・つまりは選手の移籍を取り巻く環境が遅れ過ぎてるんですよ。
対策をどんどん練ってかないと、今回のやり方で(海外志向持った)代表クラスはみんな海外行っちゃいますよ。
[PR]
by to-_go | 2005-01-27 16:05 | FOOTBALL
代理人問題
イングランドではこんなことがあったそうです。

大体はこんな話です。
アーセナルFA非公認の代理人と契約してしまったことにより、FAから罰金「2年間の執行猶予付きの、移籍の凍結」がペナルティとして課されました。
アーセナルは罰金については認めましたが、「この代理人との契約では他クラブとの移籍は扱っておらず、アーセナルクラブ内の奨学生の昇格を扱ったものであるから、移籍とは関係がない。」として上記後半のペナルティに関しては反論しています。
2年間の執行猶予付きですから、同じことをもう一度やってしまうと、この凍結令が発令するようです。

その代理人がFIFA公式代理人のパートナーだったことで、アーセナルは、その代理人が不適切な人間であることには気づかなかったとも書かれています。

・・・意外と英語って読めるもんですね。ちょっとエキサイト使いましたが。まあ、間違いは結構あると思います。
2年間というのはなかなか長いですから、ひょっとしたらいずれ発令するかもしれませんね。もし発令したら相当厳しいですよね。
[PR]
by to-_go | 2005-01-25 12:08 | FOOTBALL
山瀬問題を少し考える
今回の山瀬騒動で思い出されるのは2、3年前中村紀洋近鉄とのゴタゴタ。メジャー、メジャーと騒いどいて結局残留。もう中村やめるものだと思ってたから、近鉄に残っても微妙な感じで・・・そのしこりが本人にも影響したのか、その後の成績はさっぱりでしたね。

自分の想像ですが、2人の共通点は「なんとなく(メジャーに、外に)行きたいと言ってしまったこと」だと思います。確固たる決心があれば、それが行動態度に表れると思うんです。
責任がある立場なんだから、言ってから悩むより、悩んでから言ってほしいです。

また、今回気になってることは山瀬本人の考えが分からないことですね。小野伸二はしっかりと自分の姿勢を表明してくれてた気がします。これだけ騒動になってるのだから、コメントの1つくらい出すのがプロスポーツ選手が当然すべきファンへの配慮であり義務であると思うのですが。個人的には、そういう細やかさが欲しいんですよね、プロには。
[PR]
by to-_go | 2005-01-20 19:18 | FOOTBALL
ビッグクラブへの道
ユニの胸から三菱の名前が消えるそうですね。うーん、なんか優勝したこと以上に感慨深いです。それに伴ってチャンピオンシップ第2戦のピッチの周りのスポンサー板は全て三菱になるそうです。三菱・・・経営の方もがんばって欲しいですね。

来期からはvodafoneが年間10億円くらいのスポンサー料で契約するようです。レッズは名実ともに日本初のビッグクラブになり、そして近い将来にはアジア初のビッグクラブになっていくことでしょう。これで今まではドングリの背比べだったJリーグも変わっていくんでしょうねー。ポルトガルとかスコットランドのように1、2チームだけが優勝するっていう風になっていくんですかね。

・・・話は変わりますが、今度来日するドイツ代表シュバインシュタイガーとかラームも来るそうで、結構楽しみですね。
[PR]
by to-_go | 2004-12-03 13:51 | FOOTBALL
憧れ
レッズはやっぱり最高かっこ悪いいつもいつもこんなんです。でもそれがいい。5年前は「最も悔しい勝利」。今回は「最も嬉しい敗北」駒場は、本当にドラマを演出してくれます。

今までは優勝なんて想像も出来なかったし、「悲願の初優勝」とか一言では言い表せないですね。鹿島とか磐田は遠い憧れみたいな存在だったから、いざその立場になっても、いまいち実感が湧いてこないんです。

レッズが出来た時はまだ小学生だったから、自分とレッズは一心同体のようなもの。大学に入って、浦和を離れてそれを再認識しました。

でも本当に良かった。大宮もおめでとう。
浦和レッズへ一言、「これからもよろしくお願いします。」
b0053195_195983.jpg

[PR]
by to-_go | 2004-11-20 19:39 | FOOTBALL
アジアというカテゴリー
昨日のすぽるとで興味深い特集やってました。青嶋健太による「アジアの中の日本野球」というものです。前々から野球のアジア・チャンピオンズカップ構想はありましたが、この構想がかなり現実的になってるようです。早ければ来年の11月にも行われるようですよ。

昨日の特集では、この構想を台湾からの視点で考えていました。最近分裂していた2リーグが合流して1リーグ制となった台湾、かなり盛り上がってるようで、アジア・チャンピオンズカップの実現でさらなる盛り上がりを、と期待していました。実際、この構想が実現されれば台湾韓国中国の野球界は盛り上がるんじゃないですかね。

でも、日本ではどうですかね。日米野球も、オリンピックのアジア予選も正直ガラガラでしたよ。はっきり言って今ではイチロー松井秀喜が来なきゃ埋まらないんです、日本で行われる野球の国際試合は。

サッカーのアジアチャンピオンズリーグも日本ではあんまり・・・って感じですよね。日本人は、UEFAチャンピオンズリーグ大リーグといった本物すでに知ってるわけで、「新しもの好き」という日本人の性格上流行らないと思えます、の落ちる真似事は。

まあ、サッカーに関しては、日本は歴史も浅いですし、決してアジアNO1でもないですし、コアJリーグファンにはとても魅力的と言えます。つまりはJリーグ<アジアがまだ成り立ってるわけで、日本プロ>アジアの野球とは状況が違います。

もしレッズがアジアチャンピオンズリーグ出るなら、ぜひ行きたいですからね。韓国でも。
[PR]
by to-_go | 2004-11-17 12:32 | FOOTBALL
浦和の皇帝、犬飼。
今日発売のAERAで、2ベージにわたり「レッズ豪腕社長の脱三菱」という特集が組まれていました。(期待してたのにたったの2ページ・・・)

犬飼社長については、利益は全てクラブと地域に還元!という考えをもとに、山瀬やらトゥーリオやらアレックスやら酒井やら、レッズの弱点を補強したり、さいスタをメインホームにしてビッグクラブ化を進めたり、レッズランド構想を打ち出したりと、次から次へとアイディアを出してくるので、ただ「スゲーな!」と思っていました。

この特集では社長の経歴などが書かれてました。浦高で、慶応サッカー部で、ヨーロッパで社長やりながら本場のフットボールに触れて・・・そして「俺にレッズの社長やらせてくれ!」・・・もはやレッズの社長として、これ以上の人材はいないんじゃないですかね、というくらいの人でした。

オフト「つまらないサッカー」と斬り捨てて、監督未経験ブッフを連れてきた時は、多くの人が「わがままな・・・」と不安を感じました。しかしこれは、「4割の賛成に従うことは改善にしかならない。3割の賛成に従うことこそ改革になる」という社長の持論通りの、アグレッシブベンチャー精神から来ていたんですね。

・・・立ち読みなので、詳細はあまり覚えてないんですがね。
[PR]
by to-_go | 2004-11-16 00:06 | FOOTBALL
鹿島との戦いのヒストリー
10月23日、つくばに来て以来、度目の鹿島戦行って来ました。

振り返れば・・・
2002年8月、駒場、0-2、敗北。何も無し。

2002年11月4日、国立。クラブ史上初のタイトルマッチでした。ブロック指定とかいう、指定ではない席だったので、朝4時半に一の矢を出発。六時半頃には国立の外に並んでました。あの列の並びはすごいですよ、何しろ千駄ヶ谷駅と代々木駅の間をグルグル何重もですから。・・・と、そんな感じで5時間ボーっと並んで、座れました。
壮観ですよ、あれは。85%はレッズサポ。そのほとんどの人がLフラッグ持ってたんで・・・旗の波です。大海原です。
負けました。0-1。ほぼ何も出来ませんでした。帰りの小雨はサポの涙のようでした。

2003年11月3日、国立。2002年の涙の雨から1年。この試合は雨の中始まりました。昨年の悔しさを全てぶつけました。
b0053195_1173622.jpg

そして歓喜の瞬間。4-0。そういえば、高校の卒業アルバムに書いた「夢」「レッズの初優勝を生で見ること」でした。
最高です。いや、最高でした。もう過去のことです。

そんなこんなで、今回は初のカシマスタジアムでのレッズでした。レッズも強くなったものです。負ける気がしませんでした。3-2でした。今まで見た中でも最も熱いレッズサポの応援でしたね。
[PR]
by to-_go | 2004-10-29 00:46 | FOOTBALL
Top