2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
カテゴリ:FOOTBALL( 90 )
W杯が近い
来週のナビスコのquarter finalの2試合が終わればいよいよW杯です...。

個人的にファンである名将気取りさんのブログが半年振りにUPされてました。

「1敗1分で迎えたブラジル戦を打ち合いで終え、結果は3戦して1敗2分でグループリーグ敗退。」

「どの道、誰が出ても点を獲れないのは同じである。ならば、利用範囲の高い柳沢を使わない手はないではなかろうか。」

見事なまでに自分の考えと一致していて、かなりビックリしました。やはり冷静に見ればそういう結論になるんだ、などと自分の分析力に自己満足。

この記事も冷静な視点だと思います。
ジーコがもたらしたもの、完全放置からにじみ出てくる、そのもの本来の本質、特性、日本(人選手)の最大の武器はアジリティ以外のなにものでもないということ。中田とカズの対談の結論もそうなったらしいですし。そのことが分かったってだけで将来の方向性が決まるんだから、ジーコの功績はある意味計り知れないですよ。

(そういえば、選手の誰かも「この4年間は強くなる過程で、いつか必ず必要になる4年間」的なこと言っていた記憶が。何か、日本の教育の話にそのまま置き換えることができそうだ)

とはいえ、W杯はもう2週間にまで迫っています。ネガティブにならず、日本の戦いを普通に楽しもうと思います。おそらく中田は最後だし、中村も今大会がピークでしょうし、この2人のレベルのスターが近いうちに出てくるとは思えないので、このジーコジャパンはある意味、日本サッカーのピークと言えます。楽しまなきゃ損する。
[PR]
by to-_go | 2006-05-28 22:00 | FOOTBALL
イタリアの話
代表的な記事-
スポーツナビの記事
・Tifossimoさんのところで紹介されていたNewYork Timesの記事
・まとまっているBBC sportの記事
フランコさんの話

セリエAの(というよりはイタリアの)大スキャンダルは、順調に拡大していますねえ。日本での耐震偽造問題のように枝の先っぽから遡っていくイメージではなく、根っこの大元、ルチアーノ・モッジの悪事を見事に盗聴したのがスタートですから、一気に事件の全貌が見えてきています。枝の先っぽの問題はこれまでも頻繁に記事になってましたし(ユーヴェの疑惑として)、そのたびに大元にひねりつぶされてきたという噂でしたよね。

フランコさんの記事とかを見ると、もはやユーヴェのセリエB降格という、当初は起こりえないだろうと思っていたことが、もはや周知の事実みたいなところまで行っていて、それどころかフィオレンティーナやラツィオの降格、そしてACミランにもペナルティが課されるようで、しかも多くの審判や選手、監督・コーチも関わっているという、とんでもない事態になってきてます。(イタリアの凄いところはこの話の中に、ベルルスコーニの名前も入ってるところです。)

オリンピックでも選手村への突入捜査がありましたし、W杯期間中に選手や監督の拘束があるんでしょうか・・。match-fixing(審判を使った試合結果のコントロール)illegal bettingが事件の中身ですが、あのブッフォンが後者に関わっていたという話ですからね。スポーツナビによると、イタリア代表のキャンプ地では、ユヴェントスの選手達(ブッフォン、カモラネージら)にかなり罵声が飛んでいるようです。イタリアのサッカーファンの落胆ぶり、怒りは想像できません・・・
やっぱり中田のペルージャ入りとともにセリエAを見始めた人間としては寂しいところもあります。が、これは98年より全然前から平然と行われてきた話のようなので、しょうがないです。

W杯にイタリアは無事に出れるんでしょうかね。もし出れたとして注目は6/17のイタリア対アメリカ。アメリカの(自称)正義の鉄槌がイタリアに下されるか(WBCである意味match-fixingをやって、それでも負けたアメリカ)。まあ、サッカーのアメリカ代表は(ベースボールと違って)かなりクリーン(負けたくないという変なプライドが背景にない。もちろんベースボールの方も選手自体はクリーン)でしかもアグレッシブなので、普通にイタリアを倒す可能性がありますし、楽しみなところ。

今回の問題はいつか映画になりそうですねえ。小さいころに少しだけ見た記憶があるゴッドファーザーの現代版リメークとして主演はルチアーノ・モッジ役にロベルト・ベニーニで。
[PR]
by to-_go | 2006-05-23 13:41 | FOOTBALL
横浜FCの分析
ようやく映像として横浜FCの試合が見れました。「高木琢也」「プレミア志向」「12試合3失点」等々、想像を膨らませるだけだったキーワードの正体が少し見えた気がします。

この試合(横浜FCvsヴェルディ)を見て、久々にサッカーに感動しましたよ。99年のバレンシアのカウンターとかデルネーリのキエーヴォとかモウリーニョのポルトとかを見た時と同じタイプの感動です。チームのコンセプトが完璧に1つになっている。高木琢也恐るべきです。

キーワードを一つ一つ見ていきます。
「プレミア志向」とは高木就任以来よく聞く言葉でした。確かにそういう動きが多かったですね。CHが斜めに抜けていって、サイドに開いたFWが前にパスを出す、なんてシーンです。
全体的に言えば、今流行のオフ・ザ・ボールとオン・ザ・ボールの議論でいうところのオン・ザ・ボールの動きが目立っていました。素早いドリブルの運びが出来るメンバーが多い(アウグストとかチョン・ヨンデとか)のがその背景にはあるんでしょうが、みんな積極的にスペースに向けてドリブルしていくんですよね。かわすドリブルじゃなくてスペースへのドリブルです。
攻撃時にはポジションを考えずにスペースへドリブルで運び、ワンツーで抜け出す、その繰り返しによる確かに「プレミア志向」のサッカー。非常に能動的で攻撃的です。しかし、攻撃的なんだけどこのチームに得点が少ない要因というのはおそらく守備の問題から来てます。

「12試合3失点」(この試合後には「13試合3失点」)を支えているのは見事なDFの網の構築です。湯浅さんのホームページによれば高木監督曰く「守備のブロック」という考えです。
チェルシーの作るDFの網は有名です。9人(後ろの4人+中の3人+サイドの2人)のポジションの間にたくさんの3角形を作り、その3角形の中に入ってきた相手選手をつぶしていくというもので、この3角形こそが「守備のブロック」の一つの断片です。

そのDFの網を横浜FCは10人で作ります。そして真ん中の怖いエリアは4角形にしてより強固にしている。相手がボールを持つと、守りが1人パッと目の前に来て止まり腰を落とす。そして相手が躊躇した瞬間に、ブロックを構成する他の選手がつぶしに加勢する。

この加勢に2トップのカズと城も加わっているというのがポイント。この2人のチェイスが横浜FCの守りの1要素なんです。(これがイザイアスが出れてない理由なんでしょうか。)
チェルシーではドログバだけは前に残っているわけで、ここが横浜FCがそれほど点がとれない理由なんじゃないでしょうか。

なんで守りに10人かけなきゃいけないかというと、そうしないと守れないチームだから、なんじゃないでしょうか。実際、ヴェルディのバジーリオの個人技で何度も突破されて決定機を作られていますし、このDFの網は個人技には対応できない(これはチェルシーでもいっしょですが)というのが弱点です。ブロック間の受け渡しが個人技による突破で徐々にほつれてきて、最後には破綻してしまうんですね。この試合を見た限りではこの失点の異常なまでの少なさはGKの菅野によるところが大きいのではと思います。もちろんDFの網の機能性に加えてですが。

最後に「高木琢也」について。就任当初に「大体イメージは出来ている」とか言っていたと思うんですが、最初からこのサッカーのイメージがあったとしたら、凄い人です。早くも「次」のステージがどこなのか考えてしまうほどです。
他の監督だったらもっとアウグストに頼ってしまうところを全体のコンセプトの中に組み込んでしまっている。そして機能させてしまっている。

ひょっとしたら、このサッカーが日本人選手全体としてのストロングポイントであるアジリティ(機敏性)と、ストライカーが生まれづらい風土という諸性質にマッチしたサッカーなんじゃないか、と。それをイメージの中で作り上げていた(かもしれない)高木琢也に感動しました。
[PR]
by to-_go | 2006-05-11 16:35 | FOOTBALL
プレーオフ
今シーズンからオランダエールディビィジでは、リーグを盛り上げるために奇妙なプレーオフ制度が出来ていて、シーズン前は「へぇ、おもしろそうじゃん」くらいにしか思っていなかったんですが・・・

この奇妙なプレーオフ制度とは、2位~5位のプレーオフでチャンピオンズリーグ出場枠1を争い、6位~9位のプレーオフの勝者と上のプレーオフの敗者でUEFA杯の枠を争い、10位~13位のプレーオフでインタートト杯の枠を争うというもの。

で、重要なのはもちろん2位~5位のプレーオフ。リーグ戦の順位と勝点は以下のとおりでした。

2位 AZ (74)
3位 フェイエノールト (71)
4位 アヤックス (60)
5位 フローニンゲン (56)


そしてプレーオフの第一ラウンドの結果、アヤックスとフローニンゲンが勝ち上がり、決勝を戦うことに。まさにソフトバンク(ダイエー)現象

ただ、パリーグのプレーオフとは違って、2位、3位へのアドバンテージは2戦目にHOMEで戦えることのみ。実質アドバンテージは無しでした。

個人的にも、そしておそらく多くの人はAZをチャンピオンズリーグで見たかったんじゃないでしょうかねえ。映像では見たことがなくて、ヨーロッパでも屈指の良サッカーをしているクラブという話を何回も聞いていたので是非映像として見てみたかったんですよね。残念です。
[PR]
by to-_go | 2006-04-24 10:38 | FOOTBALL
プレシーズン(3)
急ピッチで優勝争いを展望しときます。特にレッズの敵はどこかっていう視点で。

概観としては、レッズを中心に横浜と鹿島が形成するトップグループがまずあって、次点に実力のあるガンバ、ジェフと、前評判の非常に高い広島、そして昨年のセレッソや川崎のような「どのチームでもダークホースになり得る中位群」が後ろに控えるという感じでしょうか。

一つずつ見ていくと、横浜はマルケス・マグロンがフィットした上で久保がシーズンを通して活躍すると、やはり最大の敵となりそうです。
鹿島は昨年はダークホースからの躍進って印象だったんですが、今年は始めから要注意ですね。ただ、小笠原が抜けるだろう後半戦の失速が期待できますから・・・。
ガンバは思い切って二川を切ってくる采配を見せてきたら怖いですが、ACLで勝手に潰れるでしょう。サカマガorダイでも7位くらいの予想が多かったし。
ジェフはリーグの流れに関係なくコンスタントに結果を残してくると思われるので、その点では一番厄介。
広島はウェズレイと佐藤寿人の2トップが嫌。ウェズレイが劣化してくれているとありがたいんですがねえ。このチームは不気味だ。

「どのチームでもダークホースになり得る中位群」では去年同様セレッソと川崎、昨年と比べると非常に興味深いチームになったFC東京や着実に前進している清水と未知のチーム大宮あたりか。

セレッソは新外国人のピンゴが当たるかどうかでしょう。FC東京は正直言って前述の6チームにも匹敵する可能性がありますね。左サイドバックに鈴木置くのは敵ながら好感が持てます。チャレンジですよね。ササを固定するなら前線の層の薄さも気にならないですし。
清水はなんといっても筑波コンビ。レッズ戦以外で活躍して2位を目指してもらいたいですね。大宮は本当に未知。ただ、この面子で機能してくるようだと三浦監督は本物ですね。

残るは磐田、名古屋といった古豪や、シャムスカ大分や新潟と昇格組か。この辺が飛び出してきても不思議ではないのがJリーグなわけで。
ただ、今年は昨年よりはバラけた結果になるような予感がします。まああくまで予感。
[PR]
by to-_go | 2006-03-02 12:17 | FOOTBALL
プレシーズン(2)
よく考えたら、もう5日後にはバスに乗って大阪に向かってるのか。

昨年は約3週間にわたってJリーグの予想をしたんですが、今年は慌ただしく2回でやってしまおうと思います。個人的なリーグの概観の整理をかねて。

まずは残留争いから。
今年に限ってはJ2からの昇格組に際立ったストロングポイントを見出せないんですよね。京都はアレモン・パウリ-ニョのコンビに田原や林といったFWが最大の武器ですが、昨年の川崎の前3人と比べると、ちょっと見劣りする気がします。さらに京都には箕輪もアウグストもいない。

そして、その京都に総合力で見劣りする福岡は、一部東福岡OBみたいな感じですね。綺麗な3ラインの4-4-2だと思いますが、参考になるのは去年の大宮。大崩れはしない、しかし戦力的に厳しい。たぶん降格ラインギリギリの戦いになるでしょうね。
甲府は4-3-3をシーズン通してやれるんでしょうかね。バレーというカリスマがどれだけ孤軍奮闘するかにかかってきそうですが、個人的には昇格組3チームの中では一番「一時的ダッシュ」が出来そうなチームに思えます。とはいえ、最終的には下位に沈むでしょう。

その他15チームの中では、マグノと吉田の抜けた大分や、今年は本気でヤバイ気がする名古屋と多少補強したものの本当に強くなったのか分からない新潟あたりですかね。
特に名古屋からは良い印象がないんですよね。玉田に頼ったチ-ムになれば柏のように・・・。

降格争いのダークホースはセレッソと磐田。優勝を争う年もあれば降格を争う年もある、それがセレッソ。特に今年はファビーニョが抜けましたからねえ。まあ、いざ始まってみれば問題も起きないような気もしますが。
磐田は某ブログによれば去年と正反対の方向性(すばやい攻め?→ポゼッション)を山本監督が志向していて、かなり危惧されています。練習試合の内容も良くないみたいです。去年8億円で監督を補強しとけば良かったのに。

ということで残留争い
本命~福岡、甲府
候補~京都、大分、名古屋
ダークホース~セレッソ、磐田。
[PR]
by to-_go | 2006-02-26 22:54 | FOOTBALL
どうなるアジア
いよいよオーストラリアがアジアでのスタートを切りましたね。アウェイでのバーレーン戦と言う、日本にも馴染みのある相手との試合でしたが3-1での勝利。

今回のアジアカップ予選でオーストラリアには、クウェート・レバノン・バーレーンという中東包囲網で「アジアの厳しさ」をたっぷりと味わってもらう、というのがAFCの思惑?だったんでしょうがこの分だとクリアしてきそうですね。

W杯でのアジア勢の勝ち上がり具合で2010年の枠が微妙に変わるでしょうし、アジアでの主導権をかけるという意味でも、初戦のオーストラリア戦は非常に重要になりますね。将来のアジアサッカーが現行の広いアジア+オーストラリアという拡大の形で進んでいくのか、それともオーストラリアが力をもつことで、東西の分離の方向性(広すぎるアジアの解消)に進んでいくのか。

ASEAN+3による東アジア共同体なり、さらにオーストラリア・ニュージーランド・インドを加えたASEAN+6という経済や政治の進まない問題ともいくらか関わってくる可能性もあるわけで、この話からは今後目が離せないですね。
b0053195_1491710.jpg

[PR]
by to-_go | 2006-02-24 14:30 | FOOTBALL
インド戦雑感、小野と長谷部
昨日の前半戦、インドがしっかりと守りの網を作っていて良く守れていたことにまずビックリしましたね。そんな中で簡単なミスで失点して、後半は緊張と体力が切れて崩壊してしまいましたが、前半のような組織的なプレーが持続出来る時間を少しずつ増やしていければ、南アジアの強豪というカテゴリーから脱出出来そうです。

この試合はレッズの選手が3人も出るというので注目して見ました。特に中盤、小野と長谷部はどう共存するんだろうというレッズにとっても重要な事がありましたからね。

テレビの映像だけでは何とも言えない上に、湯浅さんが2人のコンビを誉めていたということで間違っている可能性は高いですが、個人的にはコンビネーションはまだあまり良くないと感じました。
というのもそもそも元々の布陣に問題があって、久保と巻の2トップが完全に攻撃におけるになってしまっている上に、小野や小笠原は時折縦に抜け出す動きを見せるものの基本的には動かないプレーヤーなので、チームに流動性を与える選手が長谷部しかいなかったんですね。

攻撃に流動性がない状況は昨シーズン後半のレッズと同様で、この状況下では長谷部には(レッズでは元々後ろですが)後ろからボールをさばくことで局面の打開をスタートさせてから、前に侵入していくということが体に染み付いてます。
で、問題は小野も同じ事をするプレーヤーということで、たまたま片方が前に、片方が後ろに行った時は非常にスムーズに行くんですが、結構かぶるんですよね。特に昨日は小笠原のコンディションも悪く動きが少なかったことや、久保が下がってくることで、長谷部が動くと必ず誰かとかぶるみたいな状況にあったので、一層そのように映りました。

といっても時間とともに改善していったのは2人の能力が高い証で、実際は小笠原よりも玉離れのいいポンテが2人の間に入りますから、上手くやってくれるでしょう。
まあ、正直始めから佐藤寿人を入れておけば何の問題も起きなかったと思いますがね。
[PR]
by to-_go | 2006-02-23 11:21 | FOOTBALL
プレシーズン(1)
毎年恒例のちばぎんカップを千葉テレビでやっていたので、録画してチェックしてみました。ちばぎん、ゼロックス、去年までならさいしんカップなどなど、この時期になるといよいよシーズンが始まる気配が充満してきますね。

で、そのちばぎんカップですが、今年は例年以上に興味深いマッチになりましたね。
オシム政権も4年目を迎え、さらなる高みを目指そうとしているジェフと、J2で再起をかけるレイソルの1戦。特にレイソルは総入れ替え状態からどうなったのかかなり興味ありましたから。

ジェフの方は代表組とクルプ二を欠いた布陣でしたが、まさに順調という印象でしたね。個人的には昨年まではオシム・ジェフの歯車のパーツという印象だった坂本や山岸といった選手が、巻や阿部並みの存在感を見せていて、層が薄いというジェフだからこその特徴が変わってきてるなと思いました。

トルコではディナモ・ザグレブに0-4、シュトルム・グラーツには0-5とやられてきたらしいですが、さらなるハングリーさを持ち帰ったようですね。
やはり、今年の最大のライバルはマリノスでも鹿島でもなくてジェフでしょう。

一方、レイソルの方です。過去3回のちばぎんカップは放送で見たんですが、今年は一番躍動感があったなという印象です。昨年と一昨年はシステムの型から選手があまり動かないサッカーという印象だったので、今回DFラインから前線に飛び出したりしているのを見ると、さすがにこれだけメンバーが変わると変わるもんだなと思いましたね。DFのもろさは継承しているようでしたが。

特に目をひいたのは11番のディエゴ。21歳のプレーヤーだそうですが凄く良かった。玉離れを早くすることも出来るし、強引に持っていったりキープも出来る。いかにも日本のサッカーにフィットしそうな感じで、今年はJ2にディエゴ旋風が起きる予感すらします。来年は争奪戦になってたりして。
[PR]
by to-_go | 2006-02-21 12:59 | FOOTBALL
アメリカ戦のビデオ雑感
サンフランシスコ・ジャイアンツのホームであるSBCスタジアムといえば、外の海でボンズのホームランボールを必死になってキャッチしようと待っているボートの印象が強いですが、そんな場所でサッカーの試合をやったんですね。

しかし、あんなに人が一杯入ってるとは思いませんでしたね。雰囲気もどこか他のアメリカンスポーツの試合のような感じで、ビデオながらも新鮮に感じました。試合中も、内容よりも「アメリカ」っていう珍しさが気になっておかしな視点で見てしまいましたよ。

内容的には一方的過ぎる展開だったので、単純にゲームを楽しむアメリカの人には物足りなかったのかなとか、でも5点も入ったし結果的には1点差のクロスゲームだったから良いんじゃないの?とか、かなり余計なお世話なことを感じたり、
アメリカでサッカーが4大スポーツに並び立てない色々な要因については後藤武雄さんの本やら歴史の本やらを読んでちょっと勉強しようとか思ったり。

試合に関して言えば、互いにヨーロッパ組を欠いた布陣、日本代表は完全にプレシーズン中のゲーム、野球場で行われたなどなど評価を下しづらい試合背景がかなり含まれていたので何とも言えないですね。

ただ、何となく思ったのは優勝した中国でのアジアカップも、相手に多少の決定力があれば惨敗してたなってこと、たぶん両方ベストな布陣でも結果的には似たようなスコアになるだろうなってこと(内容的には変わると思いますが)ですね。
特に日本代表がプレシーズンってのは大きいでしょう。阿部と巻は欠いているものの結構なメンバーをそろえたジェフが、万全のディナモ・ザグレブには0-4ですからね。別にジーコが悪いわけじゃないでしょう。
[PR]
by to-_go | 2006-02-13 12:04 | FOOTBALL
Top