2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
カテゴリ:GAME/TRIP( 27 )
神戸遠征
今年も18切符で行ってきました。
b0053195_17272813.jpg

1日目
 朝4:47分発の高速バスでつくばを発進。そして東京からはひたすら西へ移動。電車の中ではほぼ寝ていたので、苦もなく。
 17時頃に目的地の三ノ宮に着。さっそく、阪神-広島を見に甲子園へ。当日券(3塁アルプス席)を買って入場。レフトは大御所の金本と前田だったので良かった。試合のほうはダラダラした接戦。10回裏を終えて帰る。
 三ノ宮の漫画喫茶で就寝。
 
2日目
 朝起きて直ちにユニバー記念競技場へ。ほぼ1番のり。シートをしいてしばらくブラブラ。
10時頃から三ノ宮に戻って色々探索。中華街やハーバーランドなどをみた。神戸牛を食べた。
 そして15時頃にスタジアムに戻る。試合のほうは前半は危うかったものの、なんとか勝利。
 昨日と同じ三ノ宮の漫画喫茶で就寝。

3日目
 前日の漫画喫茶で少し調べた結果、浜松を次の目的地に。12時頃着。ところが行こうと思っていた鰻屋の午前の部が売り切れていたので、夜行くことに。
 日本3大砂丘の一角、中田島砂丘に行く。これで鳥取砂丘に続き2つ目を制したことになる。人はほとんどいない。(↑の写真)
 17時半頃、鰻屋へ。3000円の鰻重を食べる。
 鰻屋の近くの漫画喫茶へ。続編に備えて医龍を読んでおく。

4日目
 つくばに帰宅。研究室でドガッチをチェック。
[PR]
by to-_go | 2007-08-31 17:43 | GAME/TRIP
AWAY雑感
7/22 In 川崎

試合開始2時間前から、ぎゅうぎゅうの満員電車状態。やや危険な香りが漂う。「トイレ行きたい人は帰ってきた時にはもう場所はありませんよ、だから動かないでください」という状態。自分の位置はBOYSのすぐ横。

18:20くらいからコール始まったんですが、このコールが終わった頃には汗の量がすごくなってました。将来(試合中)への不安を感じる。蒸し暑い
しかし、この試合のスタンドの気合の入り方は半端じゃなかったですね、完全に一体となったスタンドの気合が選手に乗り移った感じでした。小野とか、何でそんな走れるの?って感じで、だったら新潟でも走っとけよ、なんて思ったり思わなかったり。得点の時はモッシュで人が飛んでた。

後半ラスト15分くらいはほとんど試合見れてません、いやあ、疲れた。もし昼間試合してたら、倒れる人続出だったろうなあ。試合中かけられる水がせめてもの救いでした。結論としては、(夏場の)等々力はヤバイということでしょ。いやあ、疲れた。フットサルしてて良かった。

それにしても、この日の角田さんの呼びかけは良かったなあ。
まあ、重要なのは次の大分を確実に倒して、この勝ちを生かせるかどうかですね。

7/19 In 新潟

新潟は結構涼しいんじゃないか?と予想してる人も多かったんですが、まさかの快晴、直射日光ということで、待ちの時は埋め立てられてる木の作り出す僅かな影スペースにシートを張って読書。

平日夜新潟という条件付ゲームだったんですが、みんなここぞとばかりに有休や出張を入れたのかガッツリ来た。新潟の方もいつものようにたくさん来て結局は38000超、素晴らしい。

試合の方は、選手もスタンドもやや低調(特に前半)でしたね。個人的には、大旗の後ろ3列目で、目の前をしなった棒がビュンビュンかすっていくのが怖くて、慣れるまでちょっと時間を要しました。
いつもの悪いレッズのように「前半眠って、ラスト15分間くらいは反撃したものの、追いつくまでは至らない」というパターンでした。

この日印象的だったのは、スタジアムDJが楽しげにムーンライトながらの運休を発表したこととか。
[PR]
by to-_go | 2006-07-25 13:15 | GAME/TRIP
柏レイソル-横浜FC
そういえば、土曜日に柏の葉に行きました。J2天王山、柏レイソル対横浜FCです。

行く前は、J屈指の劣悪(アクセスも見やすさも)スタジアムと聞いていたので、どうかな?と思ってたんですが、つくばエクスプレスなら駅から徒歩15分、そしてなんといっても10738人という大入り、試合のほうも白熱した内容ということで、終わってみれば悪くない印象さえ持てました。

試合展開としては、持つレイソルに対して、粘り強い守りからの速攻の横浜FCという構図で、戦前の予想通りの展開で、互いに持ち味を出してたと思います。
どちらかというと、レイソルは持たされ過ぎていて、横浜の鋭い攻撃がより際立っていたという感じでしょうか。個人的には、横浜の方はすごい良い内容で、のらりくらりと勝点を積み重ねてきて何だかその強さは懐疑的だったんですが、ついに中身も伴ったかと思いました。(実際、この次の試合で鳥栖を1-0できっちり倒してるわけで。)

レイソルが札幌にコロッと負けてるところを見ると、この試合の勝者は逆に横浜だったんじゃないかって思いますね。神戸、札幌が追いかけ、仙台も黙っちゃいないってことで、なんか今年のJ2はおもしろそうですねえ。
まあ、来週からはJ2に注目してる時間は確実に減りますが。
[PR]
by to-_go | 2006-07-13 19:07 | GAME/TRIP
ナビスコ雑感
浦動さんとこで一昨日の映像を見れました。試合中は分からなかったけど、端っこの前はスカスカでしたね。(T字型だ。)

内容的には、「何も起こらない試合」でした。

フルメンバーの時は"相手にボールを持たせている"ように見えるんですが、一昨日の場合は完璧に"持たれて"いましたね。
個人的にはFC東京と言えば、トゥットがいた時や、何年か前の開幕戦で小林成光が2点?とった時のような縦への爆発力、っていうイメージが未だに強いですが、それがどうして、スローダウンした近年の磐田のようなポゼッションサッカーやってました。マンツーマンつけてきたホームでの試合とは違って、こちらがガーロの志向するサッカーなんでしょうね。

そんなこんなでまわされて一回決定機作られましたね。それだけとは言いませんが、やはり鈴木啓太の不在が大きいんでしょうかね。

それはそうと、相馬が持ち味出せませんね。今のレッズは、相手にボールを持たせつつ、トップかサイドにクサビを打って、徐々に前進していくスタイルです。つまり、サイドの選手にはかなりポゼッションを高めるようなプレーやキープすることが求められる。で、それはアレックスや山田の得意とするところで、ボールを受けてから前に勝負したい相馬や平川には合いづらい戦術と言えます。

ただ、そういう要素も持ってないともう一段上のレベル(代表クラスorレッズのレギュラー)には行けないわけで、なんとか自分の持ち味を消さずにプレーの幅を広げて欲しいものです。
[PR]
by to-_go | 2006-05-19 16:23 | GAME/TRIP
旅行概要(4日目)
3/19

この日は宮島へ。宮島口駅から連絡線で宮島へ行くんですが、この移動もJRの管轄なんですね。広島→宮島で570円です。

この日は日曜ということもあり、日本三景の一角である宮島は大盛況でした。特に外国の人が多い。パッと見て分かる欧米の人に加え、東南アジア系の人や中国系の人も多かったですね。そして鹿だらけでした。

そういった外国の人や鹿に負けず劣らず多かったのが、赤いグッズを身に付けたレッズサポ達。
よく考えてみると、この現象はかなり興味深いですよね。前日の雨でびしょ濡れになったはずのマフラーをどうして付けて来れるんだって話ですし(当然乾かしてきてるはずですが)、他の観光客が見て「レッズサポだ」と認識できる可能性は低いから、アピールというわけでもない。Jリーグファンなんてかなり少ない人種ですからね。
もしかしたらカープファンだと思われるなんてこともあるかもしれません。

この、「グッズを身に付けて観光するレッズサポ」という現象を自分なりに分析すると、
2、3日間にわたる「遠征」をトータルで「アウェイゲーム」として捉えていることが考えられます。この2、3日間は浦和人の代表として広島に来ているんだから、外出している時は常に浦和人でなくてはいけないという、地元への責任感みたいなものです。これは日本人が外国に行った時によく聞く話、「急に自分が日本人だということに気付いた」という気分に近いかもしれませんね。

なんで宮島に行くかといえば、「次は広島か、周りに何かあったっけ?宮島あるじゃん、ついでに行っとこう」くらいの感覚です。お得感です。

で、この日は夕方頃にはユースホステルに戻り、夕食を済ませて寝ました。連泊です。
[PR]
by to-_go | 2006-04-05 16:34 | GAME/TRIP
旅行概要(3日目)
3/18

朝、まだ暗いうちに漫画喫茶を出て、広島から大町へ。
そしてアストラムラインというモノレールに乗って、いざ広島ビッグアーチへ向かう。このアストラムライン、アトラスなのかアトムなのか最後の最後まで覚えられませんでした。

相当早い時間にスタジアムに着いたので、人も車もまばらでした。レッズサポもまだ3組くらいしかないなく、さすがに並ぶのはまだ早いだろうと思い、ブラブラ周辺を歩いたり奥の方にあったポプラに行ったりしました。

土曜の広島参戦ともなると、前日夜発のバスツアーかムーンライトながら、当日朝の新幹線、まあ自家用車もいますね、前日仕事の人が多いですし、昼頃着の人が多い。さすがのレッズサポと言えども朝はまだ数少ない。昼前になってようやく騒がしくなってきました。(14:00kickoff)

試合中はというと、入場直前に雨も止んでラッキーと思うも、それは束の間の話で。試合中はガンガン降ってました。こちらのゴール裏は「みんなどうしたのよー」という掛け声とともに端に寄る・・・密着状態です。おかげで濡れたのは上半身だけで、下は大丈夫でした。
試合の方は、無難に勝ちました。

帰りは前述のアストラムラインで終点まで行き、市内電車で広島駅へ。駅ビルでお好み焼きでも食べるかということで、一番込んでてレッズサポだらけの店に入りました。

この日の宿泊は、2日前に予約しておいたユースホステル。雨で濡れていたのでこの判断は完全に正解でしたね。バスで15分くらい移動して、山を軽く登って到着。雰囲気は合宿所みたいな感じで、なにやらサッカーでもやっていそうな高校生1団と、ドイツ語を喋る外国人が何人か泊まっていました。
翌日もここに泊まることになっていたので、チェックアウトの時間も気にすることなくガッチリ寝れました。
[PR]
by to-_go | 2006-03-29 17:17 | GAME/TRIP
旅行概要(1日目・2日目)
卒業式(24日)前に1週間ほど旅行に行ったんで、その内容をまとめときます。ちなみに全部で6泊7日、トータルで40000円くらいでした。
(その中身は18切符等の移動代17000円、宿泊代11000円、食事代8000円、サッカーのチケット代4000円です。)

国内旅行としては、「野宿」「ヒッチハイク」「断食」等の荒業を考えない範囲内では結構ベストを尽くせたかなと思います。

3/16

朝9時頃、静岡の清水を出発。ひたすら電車に乗って15時頃に京都に着。
泊まろうと思っていた所に泊まれなかったので、初日からいきなり漫画喫茶を利用することに。この日は特に内容も少ない日でしたね。ナイトパックが始まる22時までは駅周辺をブラブラ。

それにしても「京都駅」の造りには凄いものがあります。京都と言えば古都というイメージがありますが、このモダンな高層の駅の存在は対照的で、一層際立ちますね。去年は古都としての京都を見ましたが、今回は近代都市としての京都を見た、といった印象です。

3/17

この日もひたすら西へ向かって移動。漫画喫茶ではあまり寝れないということもあって、午前中の電車の中では寝てました。ということで、午前のうちに苦もなく広島付近まで移動できました。(電車移動は午前につきます。)

ホリエモンで全国区になった?尾道に寄る。いい雰囲気の町でしたね。イメージとしては、魚の匂いのしない伊東。少なくとも駅前周辺にはホリエモンの痕跡は残っていませんでした。

そういえば、と思って「尾道ラーメン」の店を探す。ひとまず1時間半ほど駅周辺の道を1本1本探索して4軒ほどそれらしいの見つけて、その中で1番良さ気な店に入る。味はまあまあでした。正直尾道の名を付ける理由は分かりませんでした。
駅から少し歩くと、対岸に戦艦大和があることに気付く。映画のロケセットです。数日後に呉にも行くんですが、この辺の地域は映画のロケセットを観光の味にしているようです。「~のロケセット巡り」みたいなのがたくさんありましたね。

この旅行の目的の一つは「街(町)」を見ることでした。去年の車の旅行とは違って電車の旅では、より地に足のついた感じになるんで、街を歩いて雰囲気をつかみやすい。

この後、目的地の広島に着。まだ時間があったので市内電車で原爆ドーム付近まで行きブラブラ歩く。
今回の旅行中、この広島が一番人の活気があったように感じます。市内電車なんて、一番その街の人を見れる場所でもありますが(もちろん観光客を見分ける必要あり)何だか、エネルギーを感じましたよ。

この日も駅前にある漫画喫茶。しかし今回はリクライニングつきにしたんで前夜よりは寝れました。
次の日の決戦には多少は睡眠が必要でしたからね。
[PR]
by to-_go | 2006-03-27 12:38 | GAME/TRIP
開幕戦
何かよく分からないうちに1点入っちゃって「あら」って感じだったんですが、映像で見ると綺麗なゴールでしたね。(ワシントン)

ただ、全体の内容は良くありませんでした。
先週のXEROXの後半、レッズのペースがガクっと落ちたんですが、あの時はてっきり「2点リードによるペースダウン」だと理解していたんです。ただ、今日の試合を見る限りではそうではないことが分かりました。

スタミナ切れにより前線のチェイスがなくなったことが原因で、後半はまさに自陣に張り付けにされてしまいましたね。これはポンテと小野を並べるシステムの不具合としか言いようがないでしょうね。特に小野に関しては、サイドがアレックスと山田、トップにワシントンと"足元タイプ"がパスの受け手達に揃っていたこともあって、パサーとしての良さを出しづらい状況下に置かれ、その上スタミナが完全に切れてしまった後半は存在価値がなかった、とさえ言えます。
(前半、相手に簡単にクロスを上げさせたシーンがあったんですが、そこでトゥ-リオが怒りかけたような気がしたけど、怒らなかった?のは小野だからなんでしょうか。)

やはり昨年はケガが多くシーズンの大半を抜けていたことで、体が最近の連戦に耐えられない状態になっているんでしょうかね。(逆にそれが原因なら問題はないんですが)

個人的には、去年の形(トップ下の一角に山田)に戻すか、2トップの3-5-2にすれば、短期的には安定するかと思えます。そうなると、ポンテか小野か、小野か長谷部かって問題になるわけで、正直昨日の采配を見てる限りではブッフにその決断は期待できないでしょうねえ。

幸運なことに来週はスローペースの磐田。こっちのスタミナ不足もバレないでしょう。ひとまず勝点3をとって落ち着いた状態で広島と戦いたいです。
[PR]
by to-_go | 2006-03-05 17:18 | GAME/TRIP
東北北上
今は北海道旅行のルートを決めているところなんですが、弘前になんと1000円で1泊出来る場所を見つけたんですよね。

何が何でもここに泊まりたいんですが、前後の移動が難しいんです。

1つ目の問題は、土浦発で鈍行で北上していくと一日で弘前には行けなさそうなことです。秋田に19:25に着くんですが、そこから繋げない

そして2つ目の問題は、宿泊翌日に13:30八戸発苫小牧行きのフェリーに乗る予定なんですが、電車の本数の問題で弘前駅を8時くらいに発たないといけないことから生じます。
この安い旅館はざっと弘前駅から15~20キロの場所にあって、この間は持っていくチャリで移動する予定なんですが、そうすると宿を出るのは7時過ぎ。そんな時間にチェックアウト出来るのかということです。もうちょっと予定が決まってから電話で聞いてみますが、無理っぽいですね。

1つ目の問題から、必然的に東北で2泊することになって、そうすると弘前で泊まる必要もない(弘前は1泊ということで逆算した中継地点)ということで、また計画練り直しです。なかなか北海道上陸後の話に進まないですねえ。
[PR]
by to-_go | 2006-02-15 15:13 | GAME/TRIP
新潟雑記
湯沢あたりの吹雪を見てたら、どうしてもJリーグとは結びつかない風景でした。
しかし平野部に入ると雪は積もっておらず、新潟は広いなあと、大阪の時よりも地域の変化を体感できました。

自分の持っていたチケットはバックスタンド指定とかいう場所だったんですが、新潟サポに囲まれてたまるかってことでロープをくぐらせてもらいました。しかし、E自由はなかなか。たぶん、ゴール裏の端っこよりはずっと熱かったですよ。42000も入ったのにスタンドに穴がたくさんあったのは場所変えた人が一杯いたんだろうな。

しかし、裸は信じられない。凄すぎる。ヒョウが降ってたし。

試合の方は完璧な内容。ポンテ長谷部の中盤は美しすぎる。そしてアウトサイドも堀之内も良かった。
しかし、あれだけ良かったのも山田が良かったからなのかな、なんて想像したりしています。

とにもかくにも、2位。開幕当初の外国人3人が全滅したことや、ケガ人が多発したこと、一時期18位だったこと、他の上位5チームに3分5敗だったことを考えれば、満足せざるを得ない結果と言えるでしょう。

それにしても試合後の"We are Diamonds"は美しい光景でした。
来週は愛媛か・・・、つくばから応援しています。
[PR]
by to-_go | 2005-12-05 14:31 | GAME/TRIP
Top