2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
CWCを前に
(12.1)試合後、拍手もブーイングも出来ませんでした。ただ呆然。

今、自分はどっち寄りだったかな、なんて思い返してるんですが、よく分からないですね。確かに、チームは1年間めちゃめちゃ頑張った・良くやった、と思うのも分かるし、確かに、ここでこの戦いはねーだろ・恥さらし、と思うのも分かる。

ただ、事実として、一番重要なタイトルを失ったということは残る。一番挑戦し甲斐があるタイトルがACLなのに対して、リーグは一番重要なタイトルでした。

よくよく考えれば、試合前の「ゲットゴール浦和」で、スタジアムの雰囲気を「勝利を勝ち取る」から「ゴールしなくちゃいけない」に変えてしまったのかもしれない。選手達がどうこう、だけじゃなくて自分達のサポートについても考えなきゃいけないですね。

ポンテの怪我は信じられない話で、チームはこれから大きく揺れそうです。でも、最後の大会は残っているわけで。まさかCWCをこんな状態で迎えるとはね。でも、やるしかないだろう。

行こうぜ浦和。
このメンバーでの試合は最後。何か残そう。

***************************************
鹿島は強かったな。
でも、一言だけ。浦和は来年、改めて両方目指す。
だから、鹿島もアジアを赤く染めてみせろよ。リーグも手を抜くなよ。
その上で、また戦いましょう。
[PR]
by to-_go | 2007-12-04 14:29 | FOOTBALL
<< 2つのサッカー観が重なる時 カズオ・イシグロ >>
Top