2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
通訳
オシムの通訳がようやく一人に落ち着いたようですね。

で、名前を検索かけてみたら、どうやら『ユーゴ紛争』を書いた千田善さんでした。

昨年末に『オシムの言葉』を読んだ後に、ついでに読んどいた本の著者・・・、こんなことに気が付かなかったとは。誤算。

まあ、旧ユーゴの崩壊を実際に歩き回って体感して、本にまとめてるくらいの人だから、少なくともオシムとの根本的な部分の共通理解は持てるだろうし、何だか勝手に安心してしまいましたね。
[PR]
by to-_go | 2006-10-06 14:36 | FOOTBALL
<< Media Convert 硫黄のにおい >>
Top