2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
新潟戦
たまには観戦ということで、(埼スタ)南側でまったりじっくり試合を見てきました。

浦議等では、試合内容の評価はあまり芳しくありませんが、個人的には悪くないところも多かったように思えます。
ひとまずワシントンと山岸は言うことなし。坪井もキャプテンとして存在感あるプレー。小野は絶対的な運動量は少ないものの、その少ない運動量を"いい動き出し"をすることでカバーしてました。(まさに"考えて走って"いた)あとは絶対量も伴わせて欲しいところ。堀之内と田中達也、鈴木啓太は、まあ及第点。鈴木啓太は隣の人の影響もあるのか、クサビのパスにトライしないで後ろに戻すことが多かったかな。

で、目立って悪かったのはアレックス、平川の両アウトサイド。ただ、その悪さの質はちょっと違う。昨日のアレックスは"何かを考えている"ように見えました。たぶん(というか確実に)代表の影響なんでしょうが、人のいないところに見ないでダイレで落としたり、勝手に中に走っていって左サイドをがら空きにしたりと、まさに自由気ままな勘違いプレー。この人の良さは、これまでは結構(いい意味で)何も考えない本能的なフリーランニングや勝負から生まれてきたと思うので、これじゃ全くもってダメですね。この2試合は相手と1対1になったら絶対パス出さないし・・・鹿島では小野が呆れてたように見えました。
"(走りながらも)考えつつ、さらに走る"が"立ち止まって考えてから、走り出す"って風になってる。やっぱり前提は走りにある。

平川はなんか懐かしの城定みたいな感じ。ボールが平川に渡ったら誰もが「いけっ!勝負しろっ!」って思っちゃうし、真ん中にボールがある時は「上がれよ!裏狙え!」って思っちゃう。早く2002年のフレッシュな状態に戻って欲しいですね。今の平川に関しては取られてもいいからいってほしい。その先にブレークスルーがあるってことにみんな薄々感付いている。

地味に悪かったのはトゥーリオと長谷部。トゥーリオは疲れでしょうか、集中力をたまに欠く。
長谷部は今、壁に当たってますね。このままならポンテが戻ってきたら外されるでしょう。それ以前に、このポジションには内舘や酒井といった代わりがいるし、ブッフには長谷部を外すっいう選択肢も考えて欲しいですね。長谷部にとっても良いきっかけになるかもしれないし。
[PR]
by to-_go | 2006-08-25 00:05 | FOOTBALL
<< オーマイニュース 鹿島戦 >>
Top