2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
鹿島戦
朝の9:30くらいにスタジアムに着いたんですが、列を整理するはずのスタッフがどこにもいなくて列が変な伸び方をしていました。この時から開場時が心配に。午前から午後にかけて、とにかく日陰を見つけて読書。この日の日差しは半端じゃない。

鹿島クオリティはこの後も続く。「15:00から列の整理を始めるので、その前には列に戻っててください」と言いつつも列整理は全然行われず、そのまま16:00に開場。(直射日光がきく)
何やら荷物検査の前には意味不明の(ぐねぐねの)バリケード。そこに至るまでは一応ロープで仕切られてるんですが、徐々にロープがなくなり、不穏な雰囲気に・・・・で、結局列が崩壊。結構危ない状態。

まあ、良く言えばアウェイチームへの嫌がらせなんでしょうが、これは明らかにクオリティの問題。(他人事ですが)鹿島の平均動員が去年より4000人落ちた理由は、単にやってるサッカーがつまらないだけが原因じゃないでしょう。

といっても、低いクオリティだったのは相手だけじゃなかったですね。この日は爆心地エリアからは5メートルくらい離れた場所で(一瞬冷静になってしまったんですが)、向かって左の爆心地エリアと右のお花見エリアの格差が酷すぎた。この人達は何しに来てるんだろうと。後は、試合後のゴミ。ぐちゃぐちゃ。

結局はこういう要素も全て合わせたものが、"サッカー"なんですけどね。

試合の方は、いつもの0-2から1点返すも届かないで負けるパターン。違いはワシントンの存在。そういえば、今日の柏原ジョージ審判は許容範囲だったね。
家には24:30に到着。
[PR]
by to-_go | 2006-08-21 12:38 | FOOTBALL
<< 新潟戦 対照的な映画 >>
Top