2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
アジア枠の話
次大会で注目される「アジア枠の確保」の問題。

今大会、アジアに与えられた枠は4.5
(おそらくサッカーファンなら誰もがアジア(オーストラリア加入前)に4.5はアホだろ、と思っていて、98年の3.5が適正か、せいぜい4くらいかというのが本音だと思います。)

今の感じだと、オセアニアの0.5を合わせて実質5枠なので、2010年の予選はアジア5枠ということになりそうです。

ただ、やはり今大会出場する(AFC所属の国の)日本韓国イランサウジアラビアオーストラリアの5カ国が全てグループステージ敗退なんてことになると、4.5とか4に減らされる可能性もあるわけです。

まあこれなら適正数に戻るわけで、いいんじゃない、なんて考えることも出来ますが、そうなるとひょっとしたら大変なことになります。

2008年のアジアカップの予選はアジア全地域で(地域分割せずに)行いますが、もし最終予選の2グループを地域で分けることになったらどうでしょう。

オーストラリアが抜けて、OFCはもはや抜け殻と化し、もうAFCに完全に組み込まれるしか道はないでしょうから、アジアカップ後のW杯予選は前代未聞の広範囲に渡る予選になることが予想されます。

仮に最終予選に進出した国が、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランド・イラン・サウジアラビア・バーレーン・ウズベキスタンだとして、(これから是正されるというFIFAランクで普通に分けるかもしれませんが)これだけ東西に分かれるんだったら、

A:日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランド
B:・イラン・サウジアラビア・バーレーン・ウズベキスタン


となるかもしれません。もし4.5枠に減らされた場合、AとBの3位どうしが戦って、勝者が南米5位と戦う、という感じでしょう。・・・(Aグループにとっては)まさに98年並みかそれ以上の緊張感のある組み合わせです。「もっと緊張感を」なんて言っていたことを後悔するでしょう。

・・・という風にならないためにも、5枠キープは成し遂げなくてはいけないでしょう。

個人的にはノルマは5か国中2カ国。なんとか2つは上げたい。

グループDのイランは・・・ポルトガル、メキシコ・・・かなり厳しい
グループHのサウジは・・・スペイン、ウクライナ、チュニジア・・・もっと厳しい
グループGの韓国は・・フランス、スイス、トーゴ。現実的にチャンスはありそうですね。

そしてグループF。正直言って、所詮の日本対オーストラリアで、どっちかが勝てば、そのチームが上がれる可能性は高い。負けた方は何とかしてクロアチアと引き分けて、もう片方を支援。

このノルマは高いハードルですが、結局頼りになるのは日韓、なんとか上がって欲しいです。

(個人的にはトーゴに上がって欲しいので、なんとかイランにポルトガルの牙城を崩して欲しい、というのは両方とも無理な話か)
[PR]
by to-_go | 2006-06-01 22:38 | FOOTBALL
<< 啓太さんの決断 W杯が近い >>
Top