2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
W杯が近い
来週のナビスコのquarter finalの2試合が終わればいよいよW杯です...。

個人的にファンである名将気取りさんのブログが半年振りにUPされてました。

「1敗1分で迎えたブラジル戦を打ち合いで終え、結果は3戦して1敗2分でグループリーグ敗退。」

「どの道、誰が出ても点を獲れないのは同じである。ならば、利用範囲の高い柳沢を使わない手はないではなかろうか。」

見事なまでに自分の考えと一致していて、かなりビックリしました。やはり冷静に見ればそういう結論になるんだ、などと自分の分析力に自己満足。

この記事も冷静な視点だと思います。
ジーコがもたらしたもの、完全放置からにじみ出てくる、そのもの本来の本質、特性、日本(人選手)の最大の武器はアジリティ以外のなにものでもないということ。中田とカズの対談の結論もそうなったらしいですし。そのことが分かったってだけで将来の方向性が決まるんだから、ジーコの功績はある意味計り知れないですよ。

(そういえば、選手の誰かも「この4年間は強くなる過程で、いつか必ず必要になる4年間」的なこと言っていた記憶が。何か、日本の教育の話にそのまま置き換えることができそうだ)

とはいえ、W杯はもう2週間にまで迫っています。ネガティブにならず、日本の戦いを普通に楽しもうと思います。おそらく中田は最後だし、中村も今大会がピークでしょうし、この2人のレベルのスターが近いうちに出てくるとは思えないので、このジーコジャパンはある意味、日本サッカーのピークと言えます。楽しまなきゃ損する。
[PR]
by to-_go | 2006-05-28 22:00 | FOOTBALL
<< アジア枠の話 イタリアの話 >>
Top