2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
インド戦雑感、小野と長谷部
昨日の前半戦、インドがしっかりと守りの網を作っていて良く守れていたことにまずビックリしましたね。そんな中で簡単なミスで失点して、後半は緊張と体力が切れて崩壊してしまいましたが、前半のような組織的なプレーが持続出来る時間を少しずつ増やしていければ、南アジアの強豪というカテゴリーから脱出出来そうです。

この試合はレッズの選手が3人も出るというので注目して見ました。特に中盤、小野と長谷部はどう共存するんだろうというレッズにとっても重要な事がありましたからね。

テレビの映像だけでは何とも言えない上に、湯浅さんが2人のコンビを誉めていたということで間違っている可能性は高いですが、個人的にはコンビネーションはまだあまり良くないと感じました。
というのもそもそも元々の布陣に問題があって、久保と巻の2トップが完全に攻撃におけるになってしまっている上に、小野や小笠原は時折縦に抜け出す動きを見せるものの基本的には動かないプレーヤーなので、チームに流動性を与える選手が長谷部しかいなかったんですね。

攻撃に流動性がない状況は昨シーズン後半のレッズと同様で、この状況下では長谷部には(レッズでは元々後ろですが)後ろからボールをさばくことで局面の打開をスタートさせてから、前に侵入していくということが体に染み付いてます。
で、問題は小野も同じ事をするプレーヤーということで、たまたま片方が前に、片方が後ろに行った時は非常にスムーズに行くんですが、結構かぶるんですよね。特に昨日は小笠原のコンディションも悪く動きが少なかったことや、久保が下がってくることで、長谷部が動くと必ず誰かとかぶるみたいな状況にあったので、一層そのように映りました。

といっても時間とともに改善していったのは2人の能力が高い証で、実際は小笠原よりも玉離れのいいポンテが2人の間に入りますから、上手くやってくれるでしょう。
まあ、正直始めから佐藤寿人を入れておけば何の問題も起きなかったと思いますがね。
[PR]
by to-_go | 2006-02-23 11:21 | FOOTBALL
<< どうなるアジア プレシーズン(1) >>
Top