2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
プレシーズン(1)
毎年恒例のちばぎんカップを千葉テレビでやっていたので、録画してチェックしてみました。ちばぎん、ゼロックス、去年までならさいしんカップなどなど、この時期になるといよいよシーズンが始まる気配が充満してきますね。

で、そのちばぎんカップですが、今年は例年以上に興味深いマッチになりましたね。
オシム政権も4年目を迎え、さらなる高みを目指そうとしているジェフと、J2で再起をかけるレイソルの1戦。特にレイソルは総入れ替え状態からどうなったのかかなり興味ありましたから。

ジェフの方は代表組とクルプ二を欠いた布陣でしたが、まさに順調という印象でしたね。個人的には昨年まではオシム・ジェフの歯車のパーツという印象だった坂本や山岸といった選手が、巻や阿部並みの存在感を見せていて、層が薄いというジェフだからこその特徴が変わってきてるなと思いました。

トルコではディナモ・ザグレブに0-4、シュトルム・グラーツには0-5とやられてきたらしいですが、さらなるハングリーさを持ち帰ったようですね。
やはり、今年の最大のライバルはマリノスでも鹿島でもなくてジェフでしょう。

一方、レイソルの方です。過去3回のちばぎんカップは放送で見たんですが、今年は一番躍動感があったなという印象です。昨年と一昨年はシステムの型から選手があまり動かないサッカーという印象だったので、今回DFラインから前線に飛び出したりしているのを見ると、さすがにこれだけメンバーが変わると変わるもんだなと思いましたね。DFのもろさは継承しているようでしたが。

特に目をひいたのは11番のディエゴ。21歳のプレーヤーだそうですが凄く良かった。玉離れを早くすることも出来るし、強引に持っていったりキープも出来る。いかにも日本のサッカーにフィットしそうな感じで、今年はJ2にディエゴ旋風が起きる予感すらします。来年は争奪戦になってたりして。
[PR]
by to-_go | 2006-02-21 12:59 | FOOTBALL
<< インド戦雑感、小野と長谷部 東北北上 >>
Top