2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
今期の布陣を少し推測する
昨日のトレーニングマッチでの構成を見ると、
①ベースとしては3-6-1(3-5-2)
②左サイドの現時点での序列はアレックス>平川>相馬
っていうブッフの考えが少し見えますね。

これまでの2年間を振り返ると、ブッフの采配の特徴には(平川を3バックで使おうとしたことなどから)スペシャリストよりも個人の能力を重視したポジション決め、つまりある程度選手に序列を作って、その序列の上から順に使う選手を決めて、ポジションに当てはめていたという印象を受けます。
そしてもう一点、ブッフには最初のイメージを重視する印象も受けます。

そう考えると相馬の立場は想像以上に厳しいのかもしれないですね。酒井や堀之内が好パフォーマンスを見せても、序列によってすぐにベンチに追いやられてきた状況が現にありますからねえ。

昨日の試合では永井>黒部という序列で、永井を1トップに置き、それに伴い永井=山田>平川という序列により山田を右に配置、そして小野を前に上げて空いたポジションに鈴木啓太をあてはめたという形でしょうね。鈴木啓太も厳しいなあ。

最終的にはワシントン-田中達也の2トップ、その後ろにポンテ、下がり目に長谷部と小野を使うっていうのが想像できます。長谷部と小野は並べちゃうでしょう。
ブッフにはある種の理想主義的なところがあって、主力はみんな使いたいんですよね、それはジーコに似てる点と言えます。これは今のレッズの、ビッグクラブへ向けて邁進している状況には商業的にピッタリの選択とも言えるんですが、勝利を積み重ねていくことが出来るかはちょっと不安なところでもあります。
チームが強くなれば、どこのチームでも直面する問題ではあります。個人を選ぶか、バランスを選ぶか。後者を選ぶには犠牲が伴いますから、冷酷にならなくちゃいけない。難しい判断ですが、どっちになるにしろブッフの選択を信じるしかないですね。
[PR]
by to-_go | 2006-02-06 19:50 | FOOTBALL
<< リベンジマッチ決定 対立の種 >>
Top