2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
循環システム
b0053195_2124974.jpg小野伸二が帰ってきた。背番号は18

浦和の目指すビッグクラブのスタイルはオランダや南米のそれに近いと言えます。国内で勝ち続けることと並行して、特に優秀な若い選手は海外に送り出し、また新たな若手を育てる、そして経験値を積んだ海外のプレーヤーを再び浦和に戻すという循環システムを兼ね備えたクラブ。新陳代謝を良くするってことですね。
ダイジェストの中村CMのインタビューからもこの方向性が強く感じ取れました。

そしてその1つの形が今回の小野復帰。

この循環システムを長期間にわたって機能させるには、ジュニアユース・ユース年代からの一貫したクラブづくりや、クラブの国内でのブランド力の形成が必要です。その点、ダイの中村CMのインタビュー内で「何人かの選手にオファーが来ていた・・・みんな断ってくれた」ってあったのはすごい意味があります。他クラブに出場機会を求めるより、ここ(浦和)で競争したいって選手に思わせるのがブランド力なんですよね。循環システムの実現の絶対条件は、国内の他クラブに主力を流出しないことですから。方向は「海外(それもビッグリーグ)」だけでいい。
[PR]
by to-_go | 2006-01-26 22:17 | FOOTBALL
<< 最弱国 不安がよぎる初戦完敗 >>
Top