2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
ストーブリーグ(3)
最近日を追うごとに可能性が高まっていた小野の復帰がついに決まりました。深夜の発表でビックリでした。それにしても報知は終始、小野復帰で押し通していたから凄いですね。宝値か宝知といったところでしょう。

もはやスタメン・ベンチ、戦術等々、予想するのが馬鹿らしいくらいですね。スタメンとベンチの戦力さを考えると、相対的には代表よりもレベルが高いんじゃないでしょうか。
でも、まあ楽しいので色々考えてみますが。

まず、小野の補強で今期のレッズの最大の関心は左サイドではなくてセンターということになったんじゃないですかね。つまり焦点は「小野・ポンテ・長谷部は共存するのか」ということ。そこがはじめにあってサイドの起用法が決まる。

小野のコンディションがベストなら間違いなくアンタッチャブルな存在になると思うんですが、最近の小野は復帰→ケガ→復帰→ケガ→・・・の繰り返しですから、決してそうとも言えない。小野がシーズンを通して活躍できるとは考えにくい。
しかも加えて病み上がりの状態でも代表には常時召集となるでしょうから、その扱いはさらに慎重にならざるを得ない。

個人的にはこの3人は上手くターンオーバーの形で回せば良いのではと思います。後ろに小野か長谷部、前にポンテか小野か長谷部という感じで2人チョイスする。タイプ的には小野とポンテはコントロールするタイプで、長谷部はドリブルでの推進力が魅力の選手。長谷部+どちらかっていうのがベストに思えます。

去年はリーグ最小失点ですし、基本的には守りのメンバーであるDF2、3枚(トゥーリオ、坪井・・・)+守備的MF1枚(鈴木啓太or酒井、・・・)はスタメンに残すべきでしょうから、必然的に後ろには小野か長谷部のどちらか一方。といっても、ダブルボランチに長谷部と小野を並べるのは絶対に見てみたい夢ではあります。

無理やりに共存を考えるとすると、去年後半の形である3-6-1のトップ下2枚にポンテと小野or長谷部を並べるか、同様にボックス型の4-4-2にするしかない。しかしこうすると、戦力飽和状態のサイドをサイドバックで一枚ずつしか使えないのでもったいないのと、攻撃の流動性が薄まるという欠点が出ます。やはりターンオーバーでしょう。何より、共存させるとなると、田中達也復帰後がおかしくなる。

しかし、このセンターと両サイドの激戦によって、去年まで主力だった選手の中でもあぶれてくる選手が出てくるのは間違いないでしょうね。

現状では平川、山田、岡野といった面々でしょうか。山田は攻撃オプションである永井に対する、サイドの守備オプションとして、岡野はムードメーカーやFWの緊急のオプションとしてなんとか出場機会を得られるとしても、左にアレックス・相馬、右に永井・山田がいる現状では平川は非常に危うい立場。今回の小野復帰により、山田が右に回る可能性が高まったのがその立場をさらに悪くしてます。
同じ清商の小野効果で一気に才能が開花してくれるのを願うしかない。

そして若手のポジションはさらに危ういですね。個人的には赤星は2006年ブレイクする一番手だと思いますが、上の3人にどれだけ割って入れるのか、なんとも言えませんね。
そして中村や大山、千島といったあたりは本当に厳しくなった。J2へのレンタルなり、バイエルン留学なり、完全移籍なりで何人か出される可能性は高いでしょう。果たして何人出ることになるのか、そしてブッフは誰を切るのか、大補強の裏の厳しい選択

現実的には3-6-1で
       都築
  堀之内・トゥーリオ・坪井
 永井・鈴木・長谷部・アレックス
     ポンテ・小野
      ワシントン 
ですかねえ。(何だかんだでブッフはきっと3人の共存を選ぶだろうと予想。)

夢としては4-4-2(田中達也復帰後)で
         都築
山田・トゥーリオ・坪井・アレックス
 ポンテ・小野・長谷部・赤星 ←美しすぎる中盤(諸刃の剣)
   ワシントン・田中達也 
ですか。

なんだかジーコジャパン初陣のジャマイカ戦みたいだな。
これでネネの替わりにゼ・ロベルトが来ちゃったりした日には・・・・。
[PR]
by to-_go | 2006-01-14 18:28 | FOOTBALL
<< ストーブリーグ(4) 旧ユーゴとイビツァ・オシム >>
Top