2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
マテウスの妙なキャリア
ローター・マテウスがブラジルのアトレチコ・パラナエンセの監督に就任するようですね。

2001年にラピド・ウィーンで監督のキャリアをスタートして以来、パルチザンハンガリー代表監督を経てのブラジル行き。

中小クラブ(または中堅国の強豪)だけを率いる、というポリシーを持った監督というのは少なからずいますが、このマテウスの踏んできたキャリアは一見そうは見えませんね。とにかくコロコロ変えています。
2001年にマテウスがラピド・ウィーンの監督をやるってニュースを聞いた時には「おもしろいスタートするなあ」なんて思ったものですがね。

そういえばマテウスはドイツW杯のドイツ代表監督に立候補していた覚えもあるし、なんだか一貫性も感じられない。(落選)

直感で行動するタイプなのか、他にオファーがないだけなのか、はたまたいくつかのオファーを机に並べて、一番異質なものをわざとチョイスしているのか、放浪癖があるのか、何らかの意図があるのか。

近い世代のルディ・フェラーやクリンスマンがドイツの監督やってたし、ブッフもスタッフとして呼ばれてたようだし、このマテウスのキャリアは興味深い。そのうちJリーグか、Kリーグか、Cリーグか、Aリーグにも来そうですね。

そういえば、マテウスはベッケンバウアーとか、ドイツの正統派(?)大御所達とは何かと考え方の相違がある、ようなことを聞いたことありますね。何か関係があるんでしょうか。
[PR]
by to-_go | 2006-01-11 13:48 | FOOTBALL
<< 旧ユーゴとイビツァ・オシム ストーブリーグ(2) >>
Top