2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
結末か、それとも
昨日の中田浩二のイスラエル行きか?っていうニュースにはビックリでした。

昨年の移籍騒動で散々叩かれて、代理人がTVのドキュメントやブログで移籍の正当性を主張していた一連の流れを思い出しますね。
「契約が切れたからタダで移籍っていうのはよくあるパターン、ルール通り。」選手の意思の尊重?無謀な挑戦でも?
欧州サッカー素人でも聞いたことがあるマルセイユというチームの危うさ、結局予想通りあっという間にいなくなったトルシエと、一人残される中田浩二、帝京時代の華やかなスタイルからはかけ離れたフィジカルを前面に出した1ディフェンシブプレーヤーへの変貌・・・
強引な移籍のやり方によって退路を断ち、しかも行き先がマルセイユ、余計な試練が2つ同時に来たんですからね。環境への同化以前に。

そしてその結末がイスラエル。なにこれ?
もちろん、イスラエルに行くとは限らないし、その可能性はまだ低いとも思えます。そしてこれから復活する可能性もあるし、イスラエルリーグがレベルの低いリーグとももちろん言えない。

でも、ここまでのところかなり酷い話に見えます。
マルセイユに移籍した時から予想していたストーリーが実際にその通りになっていく。1サッカーファン、スポーツファンとしては悲しいものを見てしまったという感じ。
前園はJ2の湘南にやっとこさ戻ってきた。どこかでスパッ切り替えないと、落ちるところまで落ちてしまうんじゃないか。この先を見るのは怖い気もします。

ただ、前園と違うのは、中田浩二がまだ代表にいるということ。世間への露出がある限り、忘れられることはない。
正直鹿島の選手は好きではありませんが、この状況下からなんとか復活してほしいと思います。
[PR]
by to-_go | 2006-01-04 15:00 | FOOTBALL
<< ストーブリーグ(2) ストーブリーグ(1) >>
Top