2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
ストーブリーグ(1)
REDS.TVで犬飼社長が言っていた「代表クラス」とは相馬黒部のことでしたか。

元旦の嫌味な勝ち方といい、優勝後の比較的淡々とした選手達の表情、来期への意気込み、来年のACLを見据えた2年ぶりの大補強等々、間違いなく浦和レッズはビッグクラブへの階段を歩んでますね。

しかし本当に相馬はやって来るんでしょうか。今のところ、左はアレックス、右は永井と山田、両翼のスペアとしての平川など、現時点でもJリーグでも随一のサイドの戦力を擁してます。
個人的にはどちらかと言えば、センター(ボランチ)の位置の方が補強は必要かと思うんですが、クラブとしては赤星や細貝を必要十分な戦力と見ているんでしょうか。真ん中のポジションは自前の選手で揃えたいという気持ちも若干あるんでしょうかね。
フィジカルの優れたボランチが1枚増えるとずいぶん楽になると思うんですが。

今年に限ってはW杯イヤーということで、アレックスが直前合流になったり、もしかしたらW杯後に移籍なんてこともあるかもしれないですし、分からないこともない。もちろんワシントンとの相性も考慮しているだろうし。
ただ、アレックスが極めて怪我をしない、タフな選手であることを考えるとこのままの3-5-2では相馬のポジションはないです。ベンチに置くなら左右こなせる平川の方が貴重ですし。
相馬は少なくとも半年か1年間は出番があまり与えられないと思うんですが、どうなんでしょうか。アレックスからポジションを奪えるのでしょうかね。

個人的な印象としては、去年のサイドを攻撃的にしてのショートカウンターをメインの形にするなら相馬>アレックスでしょうが、ポンテが入って以降のポゼッションスタイルならアレックスがより適した選手だと思えます。両翼のバランスを考えても、右に永井や平川を入れるならアレックスの方が良いように思えます。
2人を共存させる4バックももちろん考えられますが、相馬がシステムを変えてまで入れたい選手かと言われれば疑問ですし、そのシステムの変更で前の選手を削ることになります。

少なくとも今年はACLはないし、ターンオーバーは考えにくいし、やや疑問の残る補強と言えます。扱い方がますます曖昧になってしまう平川あたりが不満をあげないことを望みますが・・・。

黒部に関しては、まさに無難と言える適材でしょう。ベンチに置いておくことに躊躇がいらないし、それなりの存在感を持っています。能力的には横山やセルヒオのやや上に位置した選手でしょうし、競争も生んでくれるはず。
[PR]
by to-_go | 2006-01-03 14:58 | FOOTBALL
<< 結末か、それとも LAST DANCE >>
Top