2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
勝手に代表考察
今回の東欧遠征で、ついに中田・中村・小野の3人が並び立つわけですが、なんだか当然の帰結というか、本来あるべき姿に収束してきたなという印象です。
ジャマイカ戦の時と違うのは、稲本が他の3人とちょっと差をつけられちゃったことです。最近のスポーツ新聞で、上の3人+松井でファンタスティック4っていう名称をつけられていたんですが、稲本の前園化が進んできたな、と。

明日のラトビア戦では、真ん中に稲本を置いて、横に中田と小野、そして前に中村という形になるそうですが、稲本の位置に福西が入れば、そのままW杯の中盤ということになりそうです。福西はちょい前のチェコのガラセクみたいな役割ですね。
そして、今後はこの中田・中村・小野・福西を軸に4−4−2、3−6−1、または松井を加えた4−5−1あたりで戦っていくんじゃないでしょうか。

そして、W杯へ向けてまだまだ未確定だと思われるのがDFラインですね。満を持してアレックスが外れそうというか、もう外さなくちゃいけない時期だと思うんですが、素直に左利きの中田浩二を入れるんでしょうか。
他の候補としては今野、駒野、(服部公太)あたりだとは思いますが、中田浩二が妥当のような気がします。

後はCB。中田と小野がリーダーシップをとれれば、もはやフィジカルの弱い宮本を出すべきじゃないと個人的には思っているんですよね。要するに中沢のパートナーですが、それが今回呼ばれた田中や茂庭や箕輪になるのか、はたまた松田や坪井の復活があるのか、分からないですね〜。

FWは今のところ、柳沢・大黒が1stセットなんでしょうか。それに高原と大久保、玉田が続き、さらに下に田中達也と永遠に「未完の大器」で終わりそうな久保と、一応鈴木さんと巻。もはやこれから8、9ヶ月間での勢い勝負ですね、このポジションは。

このままだと、W杯にレッズの選手は行けなそうです。
[PR]
by to-_go | 2005-10-07 18:56 | FOOTBALL
<< トーゴがW杯へ!! アニメーション色々 >>
Top