2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
リヨン
いやぁ、なかなか良いウリエ・リヨンのフットボール。

しかし、銀河系のフリをしてバラバラのレアル・マドリーと、攻守の切り替えの早いモダンなリヨンはなんとも対照的でしたね。

リヨンで目立ったのはやはりジュニ-ニョやマルダといった攻撃陣なんですが、キーだったのはエッシェンの代わりに入ったチアゴでしょう。
モウリーニョのもと、リヨンと同じ逆三角形3センター4-3-2-1システムのチェルシーで鍛えられたチアゴですから、いとも簡単に溶け込んでいましたね。見事な、そして的確な補強です。

チェルシー同様、DF時には10人がガっと引いてきて2ラインの網を作る。ここらへんの精密さはチェルシーに劣る気もしますが、攻撃陣の創造性は素晴らしいし、リヨン独自の魅力があります。どこまでいくか、今から楽しみですね。

そうそう、2点目の後のウリエさんの表情が良かった。
[PR]
by to-_go | 2005-09-14 12:09 | FOOTBALL
<< illegal 映画祭! だらだらと審判問題2 >>
Top