2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
だらだらと審判問題2
引き続き・・・

3、誤審について

浦議のサッカー掲示板に非常に勉強になる書き込みがあったんですが、それによれば、Jリーグの審判達はもともとアマチュア上がりで、プロのマインドというよりはアマチュアのマインドを持った人達だと言うこと。それは、それなりの覚悟を持っているSR(スペシャルレフリー)達にも基本的には同じことが言えるそうです。

そう考えれば、プロの選手や監督、そしてプロのレベルをJリーグに求めるファンの考え方と、彼ら審判達の考え方の間にはかなりのが存在しているわけで、誤審そのものよりもその溝の存在を認識していないということの方が問題ということなんでしょうか。

だとすると、彼らを批判するのはお門違いで、もっと審判の立場を守るべきだっていう考えも確かに持ち得ますね。
しかし個人的には、素直にプロのレベルのジャッジを求めたいとも思います。目に余るような判定もかなり多いですし、「アマチュアなんだからしょうがないじゃない」の一言で終わらせるのも、いまいち腑に落ちないというかね。
審判のジャッジ、悪天候による悪コンディション、イレギュラーなバウンド・・・これらは同じ列に並べて考えるしかないのでしょうか。

それと、忘れちゃいけないのは最近の誤審の多さにはオフサイドなどの度重なるルール変更の存在があるということ。とにかくサッカー協会には、FIFAが落ち着きを取り戻すまでは静観して欲しいですね。根元が揺れると、端にいる審判達はもっと揺れることになりますから。


4、今後について

今回のウズベキ対バーレーン戦後に、日本のサッカー協会は両協会への謝罪とともに、今後の審判の育成に努めるってコメントしてましたね。

今の審判たちの平均年齢は40歳を超えているらしいし、正直言って、これから彼らの判定が改善されるとは思いません。
頻繁に講習会みたいなのを開いているみたいですが、それでこの状況ですからね。現状のままじゃ何も変わりません。

世界初の審判育成のためだけの専門学校設立?Jリーグ独自の審判システムの構築(副審増、ビデオ判定、スタンドに審判etc...)?
短期的でも長期的でも色々なアイディアがあり得ると思いますし、試行錯誤でいいんで、どんどんトライしていくことをサッカー協会には期待したいです。


終わった。
[PR]
by to-_go | 2005-09-10 11:49 | FOOTBALL
<< リヨン だらだらと審判問題1 >>
Top