2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
揺れそうなサッカー界
第2のボスマン判決か?(スポーツナビ)
この記事で話題となっているコトヌー協定について少し調べました・・・おそらく今回の判決と関連しているのは次の部分です。

第13条「移住について」の第3項・・・
各加盟国が合法的に雇用するACP諸国の労働者に対しては・・自国民に比し、労働条件、報酬、及び解雇に関し、国籍に基づく一切の差別が無いものとする。

(コトヌー協定はACP(アフリカ・カリブ海・太平洋)諸国(約80カ国)とEU加盟国間のパートナーシップを結んだものです。)

1995年のボスマン裁定ではEU圏内の選手がヨーロッパ各国リーグで外国人登録とみなされなくなったわけですが、今回の判決ではその範囲が一気に広がる可能性を持っているようです。しかも前回と同じくルクセンブルクの欧州裁判所での判決ですから、今回の判決がサッカー界に与える影響は前回同様大きいものとなるのではないでしょうか。

・・・ちょっと考えてみます。EU、今回主役となったロシアや他の東欧諸国、上記のACP諸国・・・さらに南米人がヨーロッパを第二国籍として選ぶことを考えれば・・・「外国人」はアジア人と北米人だけ?しか残らない・・・なんかおかしな感じですね。うーん、これはもっと大きな問題に発展するかもしれませんね。
[PR]
by to-_go | 2005-04-15 14:21 | FOOTBALL
<< 堀之内で追撃! 列車に乗った男/スワロウテイル >>
Top