2011/1/7
2011年
ここでブログ回帰ってのもいいんじゃないか??なんてね
アイディアを形にする
外山滋比古さん的に言えば,アイディアが浮かんだらしばらく寝かせておいて自然に発酵してくるのを待つ,となる。これは主に学問的な研究のアイディアに関することなんですが,これがビジネス上のアイディアとその実現となると,少し話は違うのかもしれない。

ビジネスのアイディアって「種」レベルだったら割と簡単に思いつく。自分が普段生活している中で、不便なこと、未解決だけど放っておかれてることをピックアップしさえすればいいのだから。でもその「種」から収益という「実」を生み出して,それも一回限りの「実」に終わらない季節的に収穫できるレベルまで持っていくとなると,当然のことながらかなり難しい。

普段,アイディアベースのちょっとしたプログラムを考えながら書いていて思うことは,きっかけとなるアイディアがあって,それを実現するためには細かい気配りが必要で(例えば後々の作業が楽になるような気の利いたアウトプットの形にしたり),でも気配りしすぎてプログラム全体の構成が汚くなっちゃてるとそれはそれで全然良くなかったりして,要するに,適度に気が利いて適度にシンプルでなくちゃいけないなあということ。

成功するビジネスが持つ全体としてのバランスの良さって、最終的には市場が判断するんだろうけれど,芸術家同様,自分なりの信念を持って理想の形を追求していかなきゃいけないものなんだろうな。何の話だこりゃ。
[PR]
by to-_go | 2010-03-18 22:20 | DIARY
<< 今さら2010年を振り返る 斜めに動く >>
Top